ニコラス・ケイジ&エヴァ・メンデス、波紋を呼ぶ一作を引っさげヴェネチア入り

最新ニュース

9月4日、第66回ヴェネチア国際映画祭に登場したニコラス・ケイジとエヴァ・メンデス
  • 9月4日、第66回ヴェネチア国際映画祭に登場したニコラス・ケイジとエヴァ・メンデス
  • 4日、『Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans』会見に臨んだ一同(左から)ニコラス・ケイジ、エヴァ・メンデス、ヴェルナー・ヘルツォーク監督
  • 『Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans』 エヴァ・メンデス
  • シックな装いでワールド・プレミアに登場したふたり
  • リメイクを完全否定した本作、その出来はいかに?
  • 黒のセクシードレスで抜群のプロポーションを披露するエヴァ
先日より開催中のヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品されているニコラス・ケイジ主演の最新作『Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans』の記者会見が9月4日(現地時間)に行われ、現地入りしていたヴェルナー・ヘルツォーク監督とケイジ、そして共演のエヴァ・メンデスらが出席した。

本作は、ニュー・ジャーマン・シネマの代表的監督、ヴェルナー・ヘルツォークが手がける犯罪ドラマで、ケイジ扮するアルコール&薬物中毒の刑事が、移民一家を狙った殺人事件の真相を追う姿を描く。そのタイトルからも、1992年のカンヌ映画祭で上映後にそのショッキングな内容から賛否が分かれた、アベル・フェレーラ監督の『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』('92)のリメイクとされてきたが、記者会見でこのことについて聞かれると、ヘルツォーク監督は、「その作品を観たこともなければ、フェレーラ監督のほかの作品も観たことはない」と一蹴した。

奇しくもフェレーラ監督も新作ドキュメンタリー「Napoli,Napoli,Napoli」を携えて映画祭に滞在中だが、本作の製作に関わったフェレーラ監督側の人々は全て「地獄に堕ちればいい」と怒りを露にしているという。一方で、ヘルツォーク監督はあくまで本作がリメイクでないことを強調し、「会ってウィスキーを交わせば、すぐに解決するでしょう」と語った。

また、同日行われたワールド・プレミアにも揃って登場した一同。エヴァは胸元の開いた黒のセクシードレス、ニコラスも黒のスーツで共にシックな装いで作品の晴れ舞台を祝した。

ヴェネチア国際映画祭は今月12日まで開催。果たしてコンペティションを制するのは?
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top