【ハリウッドより愛をこめて】ホイットニー7年ぶりの復活ライヴに潜入!

最新ニュース

7年ぶりのライヴステージで熱唱するホイットニー・ヒューストン -(C) AFLO
  • 7年ぶりのライヴステージで熱唱するホイットニー・ヒューストン -(C) AFLO
秋に向けてのこの季節、ニューヨークはとても綺麗ですよ! 先日、行ってきたのですが、暑くもなく涼しくもなく、とても過ごしやすい陽気でした。

さて、以前に私はホイットニー・ヒューストンの復活、そしてセントラル・パークで開催される彼女の無料コンサートに行くとお伝えしていたのを憶えていますか? もちろん行ってきましたよ! 彼女が歌うステージの近くには行けませんでしたが、何より東海岸中の人々が彼女のステージを見るために集まっているのに驚きました! 何と前夜から公園で並んでいたそうですよ。

ライヴは先週火曜の昼、全米で最も有名な朝の番組のひとつ、「Good Morning America」の番組のために開催され、翌日番組内で放送されました。当日、会場には5,000人以上の観客がホイットニーを見るために集合。ホイットニーがライヴのステージに立つのは実に7年ぶりでしたが、もちろん7年ぶりのアルバム「I Look To You」も披露し、ファンを沸かせました。彼女が登場すると、ファンたちは歓声をあげ、多くの人が手作りのサインで彼女への深い愛情と忠誠を誓っていました。

もちろんホイットニーはとても美しく輝いていました! ほんの1〜2年前まで様々な問題を抱えていたことが想像できないくらい。ステージで、友人で歌姫のアリシア・キースが書き下ろした最新のシングル「Million Dollar Bills(100万ドルの恋)」を含む4曲を披露したホイットニーは、さらに16歳になる娘と一緒に「My Love is Your Love」を歌いました。ただ、ホイットニーは見た目はとても綺麗でしたが、正直なところ、その歌声は万全ではなかったよう。かつて世界一の歌声を誇った彼女が、自身の歌の各パートにつまっているのを見るのは残念でしたが、本人も自分の声に苛立ちを隠しきれずにいました。事実、歌声の調子が悪かったことが理由でこのショーが短くなったともうわさされていました。

しかしながら、ホイットニーが乗り越えてきたものを考えると、やっぱり彼女の復活を見るのはとても新鮮だし、何より彼女が幸せそうなのは嬉しいかぎりです! そして、歴史的ヒットを遂げた偉大な歌手が復帰を決心したときに、偶然にもニューヨークにいて本当にラッキーでした。幸い、アルバムの売れ行きは上々のようですが、もう手に入れましたか? どうだったでしょうか? 
ほかの話題では、N.Y.にいる間、映画版の『セックス・アンド・ザ・シティ』続編の撮影が遂に始動に。私がちょうどアッパー・イーストサイドを通りかかったとき、撮影中でした。残念ながら、スターたちを見ることはできませんでしたが、ミスター・ビッグ役のクリス・ノースとサラ・ジェシカ・パーカーが撮影を行っていたようです。あぁ、街を歩けば映画のセットを眺められるなんてこともこの街ならではですね!



7年ぶりのライヴステージで熱唱するホイットニー。

© AFLO
《text:Lisle Wilkerson》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top