山本耕史、白塗り吸血鬼への変身に2時間半! 「新しい趣味を見つけた(笑)」

最新ニュース

『彼岸島』初日舞台挨拶
  • 『彼岸島』初日舞台挨拶
  • 『彼岸島』初日舞台挨拶
行方不明の兄を探すため、吸血鬼に支配された島に乗り込んだ明と仲間たちの戦いを描いた、同名人気漫画を原作とした『彼岸島』が1月9日(土)に公開初日を迎えた。初日舞台挨拶に主演の石黒英雄をはじめ渡辺大、水川あさみ、山本耕史、弓削智久が登壇。翌10日(日)に誕生日を迎える石黒さんのためにケーキも用意され、会場は大きな盛り上がりを見せた。

石黒さんは「撮影から公開まで2年かかっておりまして、色々見どころもあるので、別の角度からも2度3度楽しんでください!」とアピール。島での撮影について「魚料理ばかりで、一度、マクドナルドのハンバーガー80個くらい差し入れがあったんです。でも、僕が撮影を終えて行くと全てなくなっていたんですよ! 悲しい現実でしたね。みんなは食べたの?」と恨みをぶちまけ舞台を見渡した。これに「僕食べたよ!」と反応したのは渡辺さん。さらに「(加藤役の)半田(晶也)くんがポケットというポケットに全部つっこんでたからね〜」と暴露し会場の笑いを誘った。渡辺さんには実生活で妹(モデルの杏さん)がいるが、もし妹が映画のような危機的状況になったら助けるか? という質問には「喜んで差し上げます! というのは冗談で妹ですから、明(石黒さん)と違ってサバイバル能力低いので助けてあげないとね」と回答した。

弓削さんも、島での撮影を懐かしそうに「孤島での撮影なので、便利なものから離れていました。満月を見てきれいだなぁと思ったり、陽が登るまで将棋をやったり」とふり返った。

水川さんは、男性陣に囲まれて「私も男性勝りの方なので、ガツガツいってました。山本さんが美しすぎて隣に並びたくなかったですね。ベッドシーンではどっちが女かわからないくらいでしたから」と美しき吸血鬼“雅”役の山本さんに完敗宣言?

その山本さんは「山本“雅”です。いままでに経験のない役でしたので、楽しみながら思いっきりできました。素の自分では感じられないほどのワクワク感がありました。ただ、どのような目線でどう演じればいいか、分からないところもあったんですが、水川さんとのベッドシーンが全てを救ってくれました(笑)」とコメント。ちなみに、全身白塗りの雅に“変身”するのに「全裸だと2時間半くらいかかりました。さらに落とすのに2時間くらいかかって。ヘアメイクの女の子2人に手伝ってもらったのですが…新しい趣味を見つけたな、と(笑)」と明かしてくれた。これだけ苦労しただけあって、山本さんの変身ぶりは一見の価値アリ! 

そして、翌10日(日)に誕生日を迎える石黒さんのために、劇中にも登場する“丸太”をイメージしたケーキが登場。石黒さんは「毎日、おうちで一人なのですごい嬉しいです! 食べきれるかなぁ?」と顔をほころばせた。

『彼岸島』は新宿バルト9ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top