フィギュアスケートへの熱い思い託す『コーチ』西田美和&時東ぁみからメッセージ!

最新ニュース

『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』西田美和&時東ぁみ
  • 『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』西田美和&時東ぁみ
  • 『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』 西田美和
  • 『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』 時東ぁみ
  • 『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』西田美和&時東ぁみ
全世界が注目する中、まもなく開幕するバンクーバー冬季オリンピック。中でも花形種目として高い人気を集めるのが、女子フィギュアスケートだ。そんな華やかな世界から離れていた主人公が、もう一度大舞台へ再起を懸け奮闘する姿を描いた、本格的フィギュアスケート映画『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』がまもなく公開を迎える。本作の主演を務めたプロフィギュアスケーター、西田美和さんと共演の時東ぁみさんからのメッセージがシネマカフェに到着した。

フィギュアスケーターであると同時にコーチとして選手を支えている西田さんは、映画初出演にして初主演を果たした。実際に、フィギュアスケートの現場に立つ身として、室監督に提案することもあったとのこと。劇中で西田さんが見せる“コンパルソリー”(フィギュアの語源となった、リンクで図形を描く種目)も、本作出演のきっかけとなった監督との以前の仕事でのふとした会話の中から採用されたようだ。「スケートに誠実な作品にしたかったので。昔はコンパルソリーという種目があったのですが、いまは知らない人が多い。なるべくいろんなことを伝えたいと思って監督にお話させていただきました」。

一方、西田さん扮する美和のライバル・千夏を演じた時東さんは、今回トレードマークのメガネを外し、フィギュアスケートという難関スポーツに初挑戦! 西田さんの指導のもと3か月をかけて練習、初めてとは思えない見事な演技を披露している。「最初は立つのもやっとでしたが、やっていくうちに後ろ向きに滑れたり、美和さんに言われたことが出来るようになったのが嬉しくて。でも転ぶとすごく痛くて、あざを作ったりテーピングした状態でライヴイベントに出てました…。見ていただければ、どれだけプロの選手の方が努力しているかが分かるので、そこは評価してもらいたいです(笑)」。

劇中ではライバルだが、実際はとっても仲良しのおふたり。「リンクは360度いろんな角度から見られるので、氷に立つたびにドキドキしてた」と話す時東さんに、西田さんは「教え子なので気になっちゃいますよね」と優しい眼差しを向ける。

8歳からスケートを始めて、選手、コーチとして様々な選手を見つめてきた西田さんだが、過熱するフィギュア人気とは裏腹な、国内のリンクの減少などの状況もふまえ、本作を通して「何事も諦めなければ誰でも夢に近づけることを伝えたい」と語る。そして、自身もまた、本作をきっかけに20年前のトレーナーについて一から練習を積んでみて、「スケートがまた好きになりました」と笑顔を見せてくれた。

夢を追いかける人々へエール! 力強いふたりのメッセージにきっと勇気をもらえるはず。『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』は2月6日(土)より新宿K’s cinemaほか全国にて公開。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top