井上真央が真央に熱烈エール! 人気女流漫画家からは猛スカウト

最新ニュース

『ダーリンは外国人』完成会見 photo:Yoko Saito
  • 『ダーリンは外国人』完成会見 photo:Yoko Saito
  • 『ダーリンは外国人』完成会見 photo:Yoko Saito
  • 『ダーリンは外国人』完成会見 photo:Yoko Saito
女優の井上真央が2月25日(木)、ザ・ペニンシュラ東京で行われた主演映画『ダーリンは外国人』(宇恵和昭監督)の完成披露会見で、バンクーバー五輪に出場中の女子フィギュアスケート、浅田真央選手にエールを送った。

浅田選手はショートプログラムで、78.50点で首位に立った韓国のキム・ヨナ選手と4.72点差で2位。25日(現地時間)に行われるフリーで金メダル争いに臨む。井上さんは“真央”つながりで、「スケートリンクまで行って試合を見せてもらい、応援させてもらったことがあります。同じ名前の方が活躍しているのは嬉しい」と親近感タップリ。「ショートプログラムもハラハラドキドキしながら見ていましたし、昔から応援していましたし、真央ちゃんならやってくれる、フリーで金をとってくれる! と信じています」とエール。「今日の夜、完成披露試写会があり緊張していますが、明日の(浅田選手の)フリーの方が気になっています」とソワソワしていた。

同作は、漫画家の小栗左多里さんが、自身とアメリカ人ライター、トニー・ラズロさんとの恋愛から国際結婚、日常生活に見た異文化間のギャップを描き、シリーズ4作累計売上250万部超(2010年1月現在)のロングセラーとなっている同名コミックの映画化。

会見には井上さんのほか、オーディションでトニー役に抜擢されたジョナサン・シェア、小栗さん&トニーさん夫妻が出席。井上さんは「(劇中)イラストを小栗先生に教えてもらって描いたので、見てください」と“漫画家デビュー”を報告。小栗さんから「本当にすごく上手です。思い切りがいいし力の抜き方が上手。マンガ界にスカウトしているんですけど…」とラブコールを送られ、「困ったときは先生のところに行こうと思っています」とまんざらでもなさそうだった。

共演はほかに、小栗さんの母親役を大竹しのぶ、父親役を國村隼、姉役を国仲涼子ら個性的な面々。小栗さんは「大竹さんと聞いたときは3歩くらい後ろに下がりました。大変喜んでおります。国仲さんと聞いたときには(私の)姉の夫が絶句していました。っていうか、あたしの役が真央ちゃんと決まったとき、周りからブーイングが起こったんですけど、『何か?』という姿勢で挑んでおります」と話し、会場の笑いを誘っていた。

『ダーリンは外国人』は4月10日(土)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top