椿鬼奴、はるな愛ら独女5人が華麗な花嫁姿で『クレヨンしんちゃん』アフレコに参加

最新ニュース

結婚願望を熱唱!
  • 結婚願望を熱唱!
  • 『映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』アフレコ
  • 『映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』アフレコ
人気TVアニメの劇場版18作目となる『映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』に、“花嫁(希望)軍団”役でゲスト声優として出演する、黒沢かずこ(森三中)、椿鬼奴、近藤春菜(ハリセンボン)、いとうあさこ、はるな愛が公開アフレコをウエディングドレス姿で行った。黒沢さんら5人も、役柄同様に結婚相手募集中とあって、切実な願いが伝わってきた?

しんちゃんの未来の花嫁も登場する、今回の劇場版。この日の公開アフレコでは、着ぐるみのしんちゃん本人が司会を担当した。しんちゃんの「見るのが怖いような…」との前置きと共に登場した5人は立派な花嫁姿! いとうさんは「次の婚期は67歳と言われましたいとうあさこ、39歳です」と自己紹介し、椿さんが「あさま山荘事件の年(1972年)に生まれた椿鬼奴です」と続き、スタジオは沈痛なムードに…。はるなさんは「結婚もしたいし、妊娠もしたいよね〜」と猛アピールするも周囲から「いろいろ無理があるだろ!」と突っ込まれていた。黒沢さんは「6億円、狙うわよ!」と出演中のCMのノリで挨拶し、さらにいとうさんと椿さんに視線をやり「この中では若い方なんですが…」と挑発。最後の春菜さんが話そうとするその前に、しんちゃんから「角野卓造さん!」とお声が掛かり「角野卓造じゃねーよ!」と“いつもの”挨拶でトリを務めた。

そしていよいよ報道陣にアフレコの様子を披露。5人が演じた“花嫁(希望)軍団”は、しんちゃんの未来の花嫁・タミコを捕獲するために雇われた刺客で、将来有望な男性を紹介してもらえる、ということをエサに集まってきた女性たち。最初の収録は、彼女たちの登場シーンだが、微妙に声がバラバラで揃わないところがかえって“らしい”と言えるかも…。

続いて、劇中でも歌われる「アラサーソング〜早く結婚したいのよ〜」を5人で熱唱。歌は「子供の頃は25歳には結婚しているはずだったのに、気づいたらアラサー」という悲哀と他人の幸せへの憎悪、激し過ぎる結婚願望を歌う内容となっており、鬼気迫る5人の心の底からの叫びに、見守っていた報道陣もタジタジ?

アフレコ後の取材では、主催者から「質問は映画に関することで」というお達しが出たが、5人は「気を遣わなくても(スキャンダルなどは)出ねーよ!」とやや荒れ気味。報道陣からは、しんちゃんに対し「しんちゃんから見て5人の中で一番キレイなのは誰?」という質問が出たが、しんちゃんは「おらは…年上の女性は好きだけど…」と答えづらそう。悩んだ末に「愛ちゃんはキレイだけど…アレがついてない…?」と逆質問し、スタジオは笑いに包まれた。当のはるなさんは自ら「モテ期到来」を強調! だが、ほかの4人からは「自分でそう言ってるのは聞くけど、実体が伴ってない」など厳しい意見が相次いだ。

“結婚希望”と言いつつも、5人からは「(独り身が)ラクなんだよねー」、「(このメンバーで)誰にも傷つけられない夢の国に行って暮らしたい」など後ろ向き発言が連発。どうやら結婚はしばらくはなさそう? 一方でこのメンバーでのCDデビューについては「ぜひ!」とノリノリだった。

『映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』は4月17日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top