飛行中の飛行機で! ハリウッドで! 『ミレニアム』映画の外でも続々と事件勃発?

最新ニュース

『ミレニアム2 火と戯れる女』 - (C) Yellow Bird Millennium Rights AB, Nordisk Film, Sveriges Television AB, Film I Väst 2009
  • 『ミレニアム2 火と戯れる女』 - (C) Yellow Bird Millennium Rights AB, Nordisk Film, Sveriges Television AB, Film I Väst 2009
世界40か国で2,600万部を売り上げ、“今世紀最高のミステリー”と称されるシリーズを映画化した『ミレニアム』シリーズの第2弾『ミレニアム2 火と戯れる女』および第3弾『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』がまもなく公開を迎えるが、本シリーズにまつわる様々な事件が世間をにぎわせている。

本作はすでにハリウッドでのリメイクが決定しており、デヴィッド・フィンチャーが監督を務め、ダニエル・クレイグが出演するということがこれまでに発表されてきた。そして先日、ドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカーのヒロイン・リスベットを新人女優のルーニー・マーラが演じることが正式に発表された。事件(?)はここから。16日、「ミレニアム」シリーズの大ファンという、ある旅客機のパイロットが仕事中、すなわち飛行中の飛行機において、このヒロイン決定をわざわざ機内で乗客に向けてアナウンスしたというのだ。ワシントンDCからロサンゼルスに向かう6時間の飛行中にこのアナウンスは行われたとのこと。ハリウッド版のリスベットを誰が演じるかについては、これまでにも数々のうわさが流れ、エマ・ワトソンやクリステン・スチュワート、キャリー・マリガンらの名前が挙がっては、関係者らがそれを否定するということが続いていた。今回の正式決定、このパイロットにとってよほど待ちに待ったニュースだったのか…それにしても機内でアナウンスするとは。

続いてはオリジナル版の3部作でリスベットを演じたノオミ・ラパスに関する話題。本シリーズで一躍、スターとなったノオミだが、このたび本作が来年のアカデミー賞へのノミネートの資格を有することになり、彼女をオスカー候補に推す声が高まっている。本国スウェーデン、デンマークでは2009年に公開されたが、全米公開がオスカーノミネートの対象期間に入るため、このほど正式にノミネートの資格を得た本作。今後、オスカーキャンペーンのためのパブリシストと契約を結ぶだろうと報じられている。

また、彼女は各メジャースタジオのプロデューサーや監督と頻繁に会合をもっているとも言われ『シャーロック・ホームズ2』や『ミッション・インポッシブル4』のプロデューサーが、彼女の出演を計画しているとも。近々、重大な発表があるかも…?

オリジナル、ハリウッド版共に話題沸騰! 『ミレニアム2 火と戯れる女』『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』は日本では、9月11日(土)よりシネマライズほかにて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top