大沢樹生 「久しぶりにドキドキ」プロデュース第2弾映画舞台挨拶

最新ニュース

『捜査線 LINE OVER』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『捜査線 LINE OVER』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『捜査線 LINE OVER』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『捜査線 LINE OVER』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『捜査線 LINE OVER』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『捜査線 LINE OVER』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『捜査線 LINE OVER』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
アイドルグループ「光GENJI」の元リーダーで俳優の大沢樹生が8月28日(土)、東京・シネマート六本木で行われた、プロデュースと主演を務めた映画『捜査線 LINE OVER』のプレミア上映会で、共演の中松俊哉ら、前田直樹監督と舞台挨拶に立った。

警察内部の汚職、不祥事をテーマに、借金の取り立てに追い詰められ、越えてはいけない一線を越えて、ひったくり事件を起こしてしまった主人公・田代刑事の奔走、カルト宗教集団と警察の駆け引きなどを描いた社会派エンターテイメント。満場の観客を見渡すと大沢さんは「どんな仕事もいまは客がなかなか入りませんし、今日お客さんが5人、10人だったらどうしよう? と久しぶりにドキドキしました」とホッとしたような表情を見せてニッコリ。「ケツからケチャップが出るくらい嬉しいです」と劇中の台詞を引用し、会場の笑いを誘うひと幕も。

大沢さんのプロデュース作品第2弾で、自身が社長を務める芸能事務所ドリームフォープロモーションと、映像制作ユニット・東京ゲリラムービーズ所属の俳優でプロデューサーの中松さんとの初タッグ作で「今後とも発信していきたい」とプロデュース業に意欲的。

観客席側にいたほかのキャスト陣数名を「こっちに!」と手招きして挨拶させるなど、プロデューサーらしい配慮も見せた。中松さんは「今日は警察関係の方、いらっしゃっていませんか?」と前置きし「この作品を企画したきっかけは、調べたら警察内部の不祥事ってすごく多かったからです」と説明した。

『捜査線 LINE OVER』プレミア上映は29日(日)まで。同日もトークショーを開催。DVDは9月17日(金)より発売、25日(土)よりレンタル開始。

《photo / text:Yoko Saito》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top