時給マイナス2,000円?『ハイブリッド刑事』で前代未聞の求人 神田うの参戦も決定

最新ニュース

『ハイブリッド刑事』 -(C) 蛙男商会/DLE  本編尺:46分  デジタル上映
  • 『ハイブリッド刑事』 -(C) 蛙男商会/DLE  本編尺:46分  デジタル上映
『鷹の爪』シリーズを手がける気鋭のクリエイター、FROGMANによる劇場最新作『ハイブリッド刑事』に、ボイスキャストとして神田うのが参加することが決定! さらに本作のプレミアイベントにまつわる、時給マイナス2,000円——つまり仕事をするとお金を取られるという前代未聞のアルバイトの募集が発表された。

社会風刺を織り交ぜた痛烈なギャグと、特徴的なフラッシュアニメーションで多くの支持を集める『鷹の爪』シリーズ。本作ではおなじみの「秘密結社 鷹の爪」の総統こと小泉鈍一郎を主人公に、公務員制度改革を受けて創設された特捜チームに所属する刑事たちの活躍が描かれる。『鷹の爪』シリーズは、劇中に企業の商品やロゴを登場させる“プロダクトプレイスメント”と呼ばれる宣伝広告手法を巧みに利用するなど、常に斬新な手法を取り入れ成功を収めてきたが、今回は企業と組んで、何と映画の鑑賞代が無料になるサービスを実施。劇場窓口で「トヨタ店のハイブリッドを1枚」と言うと、「トヨタ店」が映画の鑑賞代を負担するという形で観客はお金を払わずに映画を観ることができ、発表当初より大きな注目を集めてきた。

このたび声優での参加が決まったうのさんが演じるのは、小泉鈍一郎が所属する警視庁ハイブリッド課が警護を任される大臣の娘・エイコ。自由奔放なじゃじゃ馬娘で、ザリガニ釣りとウエディングドレスが何よりも好きなお嬢様という役どころとなっている。タレントおよびファッションデザイナーとしても活躍するうのさんだが、アフレコに際して「エイコはいつもドレスを着ているので、やっぱり自分のことだと思いました。いままでに8回結婚式をしてるから、デザイナーとしてよりもドレスを着ている神田うののイメージが強いんだと思いました」と語り、ノリノリで収録に臨んだ。

さらに今回、本作のプレミアイベントに参加するアルバイトが募集されることになったが、この仕事の時給がマイナス2,000円! 仕事の内容は1月18日(火)にTOHO シネマズ六本木で開催される予定の本作のプレミアイベントで映画を鑑賞し、その面白さを周囲の人間に伝えるという“宣伝業務”。先述のように、本作は無料で鑑賞できる作品のため、お金を払って本作を観るのは、このプレミアイベントが唯一の機会となる。おまけに、“時給”と謳っているにもかかわらず、募集要項を読むと勤務時間は約1時間半で、おまけに1時間を越えた場合でも、時給はマイナス2,000円から変動なし。分かりやすく言うと、2,000円で本作のプレミアイベントに参加できる、ということ…。

なお、こちらのイベントにはFROGMANをはじめ豪華声優陣が登壇する予定で、『秘密結社 鷹の爪』シリーズの最新作の特別映像の上映や、FROGMANによる新作シナリオの朗読会も行われるとのこと。“アルバイト代の支払い”…というか、こちらのイベントのチケットの販売は1月11日(火)よりTOHOシネマズのインターネットチケットサービス“vit”、および劇場窓口で開始される。同じイベントは1月20日(木)には名古屋のTOHOシネマズ名古屋ベイシティにて、翌21日(金)には大阪のTOHOシネマズなんばでも開催される(※名古屋、大阪では登壇者はFROGMANのみ。チケット発売イベントの1週間前よりvitおよび劇場窓口にて)。

これをおいしい仕事と見るか? それともぼったくりと見るべきか…? 『ハイブリッド刑事』は1月22日(土)より28日(金)まで1週間限定で公開。

アルバイトの詳細は下記公式サイトにて。

『ハイブリッド刑事』公式サイト:http://www.haideka.jp/
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top