小泉里子、告白後に相手のOKの返事を1か月放置 新ドラマ発表の席で過去の傷を告白

最新ニュース

「最後の片想い」製作発表会見
  • 「最後の片想い」製作発表会見
  • 「最後の片想い」製作発表会見
  • 「最後の片想い」製作発表会見
  • 「最後の片想い」製作発表会見
  • 「最後の片想い」製作発表会見
  • 「最後の片想い」製作発表会見
BS-TBSがWEB上で公開する新タイプのショートムービー「最後の片想い」の製作発表会見が2月21日(月)に行われ、本作で女優デビューを果たした人気モデルの小泉里子、共演の田中幸太朗、肥野竜也が出席した。

BS-TBSとアパレルブランド「バナナ・リパブリック」のコラボレーションによる本作。1話、2話は無料で配信され、最終の第3話はバナナ・リパブリックの商品を何か1点購入し、レシートに記載されたパスワードをパソコン上で記入することで見ることができるというシステムになっている。また、WEB上に映し出される登場人物の衣裳をクリックするだけで、その詳細情報を見ることができるという画期的なスタイルを導入している。

小泉さん演じる芽衣は、恋人の亮(肥野さん)と付き合って1年になるが、ある日彼の部屋に行くと、そこには見知らぬ男・薫(田中さん)がいた。実は部屋は薫のもので、海外駐在の1年の間、レンタルしていたというのだ。真相を確かめようにも亮とは全く連絡が取れない状態。そこから彼女は思わぬ運命をたどることに…。

演技初挑戦となった小泉さんだが「不安や怖さはありましたが、やってみたら意外とイケるな、と(笑)」と頼もしいお言葉! 劇中の芽衣のように、もし自分の大切な人が突然消えてしまったら? という質問には「今回の亮のような消え方はあり得ない。一発で嫌いになって、追いかけもしないと思います」とあっさりしたもの。さらに片想いのエピソードを尋ねると「学生時代、好きだった先輩に告白して、相手もOKだったのに、そのOKの返事に気づかないまま1か月くらいが過ぎてしまい、すれ違いの中で『なかったことにしよう』と言われてしまいました」という苦い思い出を明かしてくれた。

同じ質問に田中さんは「僕は基本的にすぐに気持ちを伝えるので、(一方的に)想っている時間は少ないんです。何度も砕けたことはありますが…(苦笑)。そういう意味で“片想い”の状態はあまりないですね」と男らしいコメントが。

そして、自身を「シャイ」と言う肥野さんからは「一度、こちらに全く興味がない相手に3時間『付き合ってくれ』と言い続けて、粘ったら、相手が折れてくれて、付き合うことになりました。『あなたとは付き合えない』という言葉が俺には聞こえない! って」と、恥ずかしがり屋とは思えない武勇伝が飛び出し、これには横に並ぶ小泉さん、田中さんも目を丸くして驚いていた。

「最後の片想い」は本日2月21日(月)より3月31日(木)まで第1話、2話をWEB上で無料配信。

「最後の片想い」公式サイト:http://kata-omoi.com/
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top