ロケ地が津波で…オリラジ主演『津軽百年食堂』が東北で復興ロードショー

最新ニュース

『津軽百年食堂』初日舞台挨拶
  • 『津軽百年食堂』初日舞台挨拶
  • 『津軽百年食堂』初日舞台挨拶
  • 『津軽百年食堂』初日舞台挨拶
  • 『津軽百年食堂』初日舞台挨拶
  • 『津軽百年食堂』初日舞台挨拶
  • 『津軽百年食堂』初日舞台挨拶
人気お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾と中田敦彦が映画初主演を務めた映画『津軽百年食堂』の初日舞台挨拶が4月2日(土)、東京・有楽町の有楽町スバル座で行われ、藤森さんと中田さんをはじめ、福田沙紀、大森一樹監督らが登壇した。

森沢明夫の同名小説を映画化。父との確執を抱え、故郷を捨て東京で暮らしていた陽一が、久々の帰省をきっかけに葛藤を乗り越え、代々続く「大森食堂」の四代目へと成長していく姿が描かれる。明治時代と現代、2つの時代の物語が展開し、藤森さんが陽一を、中田さんは明治末期に食堂を開業する初代・賢治を好演。大森監督も「初めてと思えないほど、演技がうまかった。演技指導もないうちに、さっさと(撮影が)終わりましたよ」と太鼓判(!?)を押していた。

藤森さんは「絆を感じる現場でしたね。いいチームで楽しく撮影ができました」とニッコリ。中田さんは「まさか相方の先祖を演じるとは(苦笑)。でも監督から“明治顔”だと褒められました」とこちらもまんざらでもない様子だ。一方、現代を生きるヒロイン・七海を演じる福田さんは「優しくて、お芝居にも真面目に取り組んでいらっしゃった。とても忙しく大変なはずなのに、すごい集中力でほとんどNGもなかった」と共演した藤森さんを絶賛…と思いきや、「撮影後にテレビを見たら、すっかりチャラいキャラクターで意外だった」と藤森さんのチャラさに呆れ顔だった。

本作は弘前市をはじめ、青森県内で撮影されており、美しい津軽の情景が大きな見どころだ。しかし、ロケ地となった八戸の大久喜漁港が、3月11日(金)に発生した東日本大震災の津波で流されてしまい、図らずもその最後の姿を捉えた作品となった。そんな縁もあり、舞台挨拶を前に、藤森さんらキャストたちは劇場ロビーで被災地への募金を呼びかけた。福田さんは前日、青森を表敬訪問しており「現地でお会いした方々の安否を心配しましたし、とてももどかしい気持ちでした。青森から東北が元気になってもらえれば」とコメント。

宮城県でレギュラー番組を持つオリラジの2人も、心配そうな表情だ。「ツイッターでも『早く放送を再開してほしい』と書き込みをいただいた。僕らもまた(宮城で)ロケがしたいですね。ぜひ、この映画を通して笑顔を取り戻してもらえれば」(藤森さん)、「いまは一刻も早く現地に行きたい。何か力になれないか…現地で考えたい」(中田さん)。

本作は4月2日(土)に都内3劇場をはじめ、青森、岩手、秋田、宮城で公開初日を迎えたほか、今月中には山形と福島でも公開される予定だ。また、映画収益の一部を復興の一助として「日本赤十字社」を通して、寄付されることも決定している。『津軽百年食堂』が描き出す絆と人情が、震災の影響で少しだけ“春”の訪れが遠ざかってしまった東北に、温かな思いを届けてくれることを期待したい。

『津軽百年食堂』は一部を除き全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top