“暴れん坊将軍”松平健が劇場版『仮面ライダー』で吉宗役!

最新ニュース

『劇場版 仮面ライダーオーズ 海賊戦隊ゴーカイジャー(仮)』 -(C) 2010 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 ©2011 石森プロ・テレビ朝日・東映AG・東映
  • 『劇場版 仮面ライダーオーズ 海賊戦隊ゴーカイジャー(仮)』 -(C) 2010 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 ©2011 石森プロ・テレビ朝日・東映AG・東映
松平健が、この夏公開される「仮面ライダーオーズ」の劇場版に、徳川吉宗役で出演することが明らかになった。おなじみの「暴れん坊将軍」で吉宗役を長年にわたって演じてきた松平さんとあって、注目を集めそうだ。

「仮面ライダーオーズ」と現在放送中の「海賊戦隊ゴーカイジャー」(共にテレビ朝日)を劇場版で3D化した『劇場版 仮面ライダーオーズ 海賊戦隊ゴーカイジャー』(仮題)。2大特撮ヒーローの同時3D映画化は、2010年8月に公開された「『仮面ライダーW フォーエバー AtoZ 運命のガイアメモリ』『天装戦隊ゴセイジャー エピック ON THE ムービー』」以来2度目となる。特に『仮面ライダーオーズ』では、現代に突如として江戸の町並みや江戸城が蘇るという設定で、町人たちや馬に乗る武士たちが3Dで描かれる。

そんなヒーローものの3D時代劇に松平さんが参戦! 12シリーズ全832回の放送回数を誇る「暴れん坊将軍」は松平さんの代表作だが、今回、ライダー映画でも正義の将軍・徳川吉宗役を演じることに。本作では本家「暴れん坊将軍」さながら、八代将軍・吉宗という素性を隠し、貧乏旗本の三男・徳田新之助という偽名で江戸にはびこる悪に立ち向かう。

松平さんは「出演のオファーをもらったときは、とてもびっくりしました。最初は、なぜ自分にオファーが来たのか分かりませんでした。最近では時代劇が減って、子供たちがなかなか時代劇に触れる機会がないので、この機会に『暴れん坊将軍』という時代劇に慣れ親しんでもらいたく、今回のオファーを受けました。自分の子供も出演には喜んでくれており、今回の映画をとても楽しみにしています。一緒に映画を観る父兄やおじいさん、おばあさんにも暴れん坊将軍を懐かしんでもらいたいです」と出演の経緯を語る。

プロデューサーによると、バイクに乗ったライダーと白馬にまたがった松平さんの併走もあるとか! 本作でも“暴れん坊”なところを見せてくれそうだ。

『劇場版 仮面ライダーオーズ 海賊戦隊ゴーカイジャー』(仮題)は8月6日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top