『カメリア』ソル・ギョングインタビュー「平凡であろうと、努力はしているかもしれない」

最新ニュース

『Camellia カメリア』 ソル・ギョング photo:Kim Hongki
  • 『Camellia カメリア』 ソル・ギョング photo:Kim Hongki
  • 『カメリア』 -(C) 2010 BALCON/SIDUS FNH
  • 『カメリア』 -(C) 2010 BALCON/SIDUS FNH
「お湯に浸かったような気分にさせてくれた」——。共演した吉高由里子はそんな独特の言葉で彼を評し、メガホンを握った行定勲監督はカメラマンが現場でつぶやいた「彼の何を撮っても映画になる」という言葉に唸った。徹底した役作りで知られ、幅広い作品に出演する韓国の名優、ソル・ギョング。釜山を舞台にしたオムニバス映画『Camellia カメリア』の一篇「Kamome」では、昔気質の映画カメラマンの男を演じ、ひょんなことから出会ったかもめという名の不思議な日本人の少女と夜の街をさまよう。行定組の感想は? 吉高さんとの共演は? 彼の体から発せられる、ふと身を任せてしまいたくなるような自然体で安心感を誘うオーラの秘密は? 映画の公開を前に来日を果たしたソル・ギョングに話を聞いた。

行定監督は、まさか本当に彼が出演してくれるとは思っておらず、ダメ元でオファーを出したそうだが、ソルはオファーが届くとすぐに出演を即決した。
「脚本が素晴らしかったし、何より行定監督からのオファーだったのですぐにOKしました。断る理由はなかったですね」。

過去に日韓共同制作の『力道山』に主演し、日本人の俳優と共演経験はあるが、日本人監督との仕事は初めて。「ときめくような時間を過ごすことができた」と撮影をふり返る。
「最近の韓国映画は、作品も撮影もとってもスピーディーで、じっくり映画について考えるヒマもないんだ。でも今回、行定監督は私に十分な時間をくれた。流れに身を任せるように現場に溶け込んでいくことができたし、撮影が始まってもデジタルではなく、フィルムが回るカタカタという心地よい音と共に、とても長い息づかいの中で芝居をすることができた。それは役者にとっては最高に興奮する瞬間なんだ」。

どこか煮え切らない思いを抱えたカメラマンのパクと、裸足で冬の釜山を歩く少女・かもめ。街の喧騒と2人の静かな心の営みを幻想的に描いたこの作品が持つ、韓国映画にはない独特のセンスをこう説明する。
「『Kamome』は日本的な情緒を感じる作品だと思います。韓国映画はストレートで、伝えたいことを直接表現することが多いけれど、幻想的な雰囲気、儚い情緒を持っており、舞台は釜山だけれども、日本の良さを感じる作品です」。

さらに吉高さんについて「強烈な“匂い”を持った女優」と語る。
「“香り”じゃなくて“匂い”。彼女の撮影期間は5日間だけだったけれども、すぐにスタッフやキャストの心をわし掴みにしたんだ。そして撮影が終わってしまうと彼女が演じたかもめのように、忽然と姿を消した。私たちは彼女の残した足跡から寂しさを強く感じたよ。言葉は通じなくてもハートでコミュニケーションをとれる素晴らしい女性だと思う」。

最後にソル自身について。文芸作品から娯楽まで幅広い作品で全く異なる役柄を演じ分けるが、自然に役柄に入り込み“変身”してしまう秘訣は?
「俳優として普段から特別に心がけているということは特にないんです。毎日学習しているつもりでも、なかなか上手くいかない自分に苛立ちを感じたり、辛くなったりすることもある普通の人間です。でも、『平凡であろう』と努力はしているかもしれないな。あなたの隣に住んでいる人を自然に演じるために…。だからみんなに混じって、街の屋台でビールを飲んだりしているんですよ(笑)」。

ソル・ギョングが体現する“自然”と吉高由里子が日本から持ち込んだ“非日常”。海辺の街で混じり合った2つの風が物語をどこへ運んでいくのか見届けてほしい。



特集『Camellia カメリア』
http://www.cinemacafe.net/ad/camellia
《photo:Kim Hongki》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top