“キング”カズのセリフはアドリブ? 「カズさんが別れ際に言う言葉」と北澤豪が証言

最新ニュース

『名探偵コナン 11人目のストライカー』公開初日舞台挨拶
  • 『名探偵コナン 11人目のストライカー』公開初日舞台挨拶
  • 『名探偵コナン 11人目のストライカー』公開初日舞台挨拶
  • 『名探偵コナン 11人目のストライカー』公開初日舞台挨拶
劇場版アニメ『名探偵コナン 11人目のストライカー』が4月14日(土)に公開。東京・有楽町のTOHOシネマズ 有楽座で行われた舞台挨拶に、TV版でも声優を務めている高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、本作にゲスト声優として出演している桐谷美玲、そして物語にちなんでJリーグを代表して元プロサッカー選手の北澤豪が登壇した。

劇場版第16作目となる本作の題材はサッカー。サッカーの試合が行われるスタジアムへの爆破予告事件にコナンを始めとする仲間たちが挑む。

公開初日はあいにくの天気となったが、満員の客席に声優陣は感激の面持ち。全国のスタジアムという広範囲を狙った劇場犯罪に高山さんは「今回は『どうやって守ったらいいんだろう?』って思いました(笑)」と語り、アフレコについても「史上最高に疲れました! 今回も博士の発明に感謝です」と笑顔でふり返った。

桐谷さんは「マンガも全部(現在75巻)持ってる」というほどの「名探偵コナン」の大ファンだったということで「この話をいただいたとき、“コナンくんの仲間に入れる!”とドキドキしました」と興奮を語る。家族も同じくコナンファンだそうで「いままでのどの仕事よりも反応が良かったです」と明かした。

本作には20シーズン目を迎えたJリーグも全面協力。遠藤保仁(ガンバ大阪)、楢崎正剛(名古屋グランパス)、今野泰幸(ガンバ大阪)、中村憲剛(川崎フロンターレ)ら現役の選手たちも声優に挑戦している。桐谷さんは「TVやスタジアムで見ているのとまた違ったお茶目なところが見られました。でもみなさん、ガタイが良くて大きかったです!」とスター選手たちとの共演の感想を語った。

Jリーグを代表して来場した北澤さんは「『名探偵コナン』と20年目を迎えたJリーグでコラボレーションさせていただいて感謝しています」と述べ、映画について「ちゃんと観てないと置いてかれちゃう! これまでは本編とは別のところでサッカーが登場する作品が多かったけど、この映画は本編にサッカーがモロに入ってくるので嬉しい」と喜びを語った。さらに「本当に(事件が)あったらどうしよう? と選手やスタジアムを運営する側の心理になった」と元サッカー選手ならではの視点ものぞかせた。特に今回は、サッカー選手のプロならではのテクニックが事件の解決に大きく寄与するシーンがあるが「監督に僕がやれと言われたらできるか不安です(苦笑)」と語り笑いを誘った。

現役Jリーガーたちの声優ぶりについては「遠藤くんのメッセージはキーになりますね。子供たちの記憶に残ると思う。今野くんは若干“読んでる”気味だったかな」と辛口の評価も。“キング”こと三浦知良(横浜FC)も声優として参加しているが、北澤さんが「カズさんは自分であの役を要求したんでしょうかね?」と勘繰るほど重要な役割を果たしている。実際にアフレコで共演した高山さんは「一緒にやってて本当に楽しかったです。本当にカズさんとボールを蹴ってる気持ちになりました」と笑顔で明かした。また、北澤さんは劇中でカズが発するあるセリフについて「いつもカズさんが別れ際に言う言葉なんです。セリフになかったのをアドリブで入れたのかな?」と推測。「もう一度観て、確認してみてください」と観客に呼びかけた。

また最後の報道陣向けの写真撮影では、カメラマン役を演じた桐谷さんが実際にカメラマンに挑戦! 大きな一眼レフカメラを抱え「目線お願いします!」「笑ってください」とプロさながらの真剣な面持ちでファインダーを覗いていた。

『名探偵コナン 11人目のストライカー』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top