スーザン・サランドン、「米政府に電話を盗聴されている」と映画祭Q&Aで発言

最新ニュース

ロサンゼルスで行われた『Jeff Who Lives At Home』(原題)に出席したスーザン・サランドン -(C) Startraks/AFLO
  • ロサンゼルスで行われた『Jeff Who Lives At Home』(原題)に出席したスーザン・サランドン -(C) Startraks/AFLO
22日(現地時間)、ニューヨークで開催中のトライベッカ映画祭で行われたQ&Aセッションにマイケル・ムーア監督と一緒に出席した女優スーザン・サランドンは「私たちは監視下に置かれています。私の電話は盗聴されたのよ」と話し始めた。監視については、情報公開請求の権利を行使して調べた結果、確信したという。

過去30年以上にわたって人権問題を始め様々な政治問題に関わってきたスーザンは、リベラル派として、アメリカ大統領選のたびに支持政党の候補者に対する熱烈な支援活動でも知られている。2003年以降、何度もイラク侵攻反対デモに参加、最近はアメリカ経済界に対する抗議運動“ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)”にも参加している。

歯に衣着せぬ発言も多く、昨年10月にはローマ教皇のベネディクト16世を「ナチス」呼ばわりし、後に謝罪するなど、物議を醸すことも少なくない。ホワイトハウス訪問を計画した際には、「セキュリティ上問題あり」として許可されなかったという。ムーア監督は、「誰かがどこかで監視しているとしても、驚きはしないね」とスーザンの発言に同意を表明した。



© Startraks/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top