ルパート・エヴェレット、オスカー・ワイルドの伝記映画で監督デビュー決定

最新ニュース

今年1月、ベルリンで行われたファッションショーに参加したルパート・エヴェレット -(C) Most Wanted Pictures/AFLO
  • 今年1月、ベルリンで行われたファッションショーに参加したルパート・エヴェレット -(C) Most Wanted Pictures/AFLO
『ベスト・フレンズ・ウェディング』('97)や『シュレック』シリーズのチャーミング王子の声で知られるルパート・エヴェレットが、イギリスの作家のオスカー・ワイルドの伝記映画で監督デビューを果たすことが明らかになった。

「ドリアン・グレイの肖像」、「サロメ」などで知られる19世紀末のイギリスの作家、ワイルドの生涯を描く作品のタイトルは『The Happy Prince』(原題)。日本では「幸福の王子」として知られるワイルドの童話から採られている。

ワイルドの小説には映画化されたものも多く、ルパートも『理想の結婚』('99)、『アーネスト式プロポーズ』('02)に出演している。詩人、劇作家としても活躍したワイルドは、当時のイギリスでは違法だった同性愛の咎で服役、出獄後も失意のうちに46歳で病死した。ワイルドと恋人の青年の関係を描いた『オスカー・ワイルド』('97)ではスティーヴン・フライがワイルドを演じ、恋人役をジュード・ロウが演じている。

ルパートはワイルド役を務め、脚本も執筆。1930年代のパブリックスクールで同性愛や共産主義に傾倒する学生たちを描いた『アナザー・カントリー』('84)や『アーネスト式プロポーズ』の共演者であるコリン・ファース、ほかにエミリー・ワトソン、トム・ウィルキンソン、エドワード・フォックスらが出演する。撮影開始は来年夏とまだ先の話だが、90年代初めにゲイであることをカミングアウトし、不遇を経験しながら俳優として活動し続けてきたルパートの描く“ワイルド”像に注目したい。



© Most Wanted Pictures/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top