仲間由紀恵、念願の小笠原諸島で巨大生物に遭遇! 「地球を近く感じた」

最新ニュース

「謎の巨大生物を追う〜仲間由紀恵・小笠原の海をゆく〜」取材会に出席した仲間由紀恵
  • 「謎の巨大生物を追う〜仲間由紀恵・小笠原の海をゆく〜」取材会に出席した仲間由紀恵
  • 「謎の巨大生物を追う〜仲間由紀恵・小笠原の海をゆく〜」取材会に出席した仲間由紀恵
  • 「謎の巨大生物を追う〜仲間由紀恵・小笠原の海をゆく〜」取材会に出席した仲間由紀恵
  • 「謎の巨大生物を追う〜仲間由紀恵・小笠原の海をゆく〜」取材会に出席した仲間由紀恵
  • 「謎の巨大生物を追う〜仲間由紀恵・小笠原の海をゆく〜」取材会に出席した仲間由紀恵
  • 「謎の巨大生物を追う〜仲間由紀恵・小笠原の海をゆく〜」取材会に出席した仲間由紀恵
女優の仲間由紀恵が出演するNHKの長編ドキュメンタリー「謎の巨大生物を追う〜仲間由紀恵・小笠原の海をゆく〜」が6月30日(土)と7月1日(日)の2夜連続で放送が決定。これに先駆け6月5日(火)、仲間さんが出席しての取材会がNHK放送センター(東京・渋谷)にて行われた。

巨大海洋生物が集う世界有数のスポットである小笠原諸島に仲間さんが渡り、世界最大の無脊椎動物であるダイオウイカやその天敵のマッコウクジラやザトウクジラを生で目撃すべく海に出る。

沖縄県出身で自身もスキューバダイビングや小型船舶の免許を持ち、海に慣れ親しんできた仲間さんだが小笠原諸島について「この島にしかいない植物や生物が生息しており、一度は行ってみたいところでした」と明かす。

住所の上では“東京都”ではあるが、船が出る竹芝からおよそ1,000キロ離れており、仲間さんは25時間半もの船の長旅。島には2週間ほど滞在し、毎日船で移動しながら巨大生物を追いかけたという。

特に、古くは西洋で船を襲う怪物“クラーケン”として恐れられていたダイオウイカは、これまで深海を泳いでいる姿が映像に収められたことがなく、目撃されることも稀な生物だが仲間さんは「運よく出会うことができました!」と満面の笑み。どれくらいの時間をかけてどのように出会ったのかは「見てのお楽しみ」とのことだが、「ドキュメンタリーという仕事はドラマなどとは違って、もちろん台本やシナリオはあるんですが相手がどこにいるか分からない野生の動物ということで計画通りに行かない大変さがありました」と苦労を述懐。だからこそ、これらの生物に出会ったときの感動はひと潮のようで「いままでの苦労が吹き飛びました。私たちの何倍もの大きさの生物が、あんなに力強く生きて動いてるということに感動しました」と興奮した面持ちで語った。

また、小笠原で仲間さんはイルカの群れと泳ぐ“ドルフィン・スイム”も体験したそう。「初めは不安でした。『(イルカと)アイコンタクトしてください』と言われるんですが、『できるかな?』と思ってました。それが実際に潜ってみると、2匹のイルカが近づいてきて本当にこちらの目を覗き込んでくれるんです。緊張しながら見返したら、フッと泳ぎ始めたので頑張って泳いで付いていきました」と神秘体験の感動を明かした。

番組を通じて伝えたいことを問われると仲間さんは、クジラの群れが世界中の海を巡っていることに触れ「大きな地球をグルグルと行ったり来たりすることが、もしかしたらそんなに大変なことじゃないのかも? と思えるくらい大きな生き物でした。そう思うと、同じ地球で生きているということで地球をもっと近くに感じることができた気がして、環境というものがとても尊いものに感じました。小笠原の美しさと巨大な生物のダイナミックさを感じていただき、彼らとこれからも共存するために私たちはどんなことに気を付けなくちゃいけないのか? ということも考えていただけたら」と語りかけた。

「謎の巨大生物を追う〜仲間由紀恵・小笠原の海をゆく〜」は6月30日(土)、7月1日(日)の2夜連続で21:00よりBSプレミアムで放送。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top