“ネガティブすぎる”人気モデルの栗原類、「僕には魅力ありません」と本領発揮

最新ニュース

『ビーストーリー』DVD発売イベント
  • 『ビーストーリー』DVD発売イベント
  • 『ビーストーリー』DVD発売イベント
  • 『ビーストーリー』DVD発売イベント
あまりにネガティブな発言で話題を集める人気モデルの栗原類が7月3日(火)、都内で行われた映画『ビーストリー』のDVD発売記念イベントに出席した。

栗原さんと言えば、バラエティ番組に出演し、その“後向き”なキャラクターが話題となり、某検索サイトの急上昇検索ワードランキングで1位を獲得したばかり。この日は「美女と野獣」をモチーフにした本作にちなみ、野獣系ファッションで登場するも「普段、野獣系のファッションをしている方々に申し訳ない」と早速ネガティブ発言! 栗原さんにとっては、初のイベント出演だったが「僕なんかより、もっといい人がたくさんいるのに…。僕には魅力なんて一つもありません」と“ネガティブ番長”の本領を発揮していた。

現代を舞台に、魔女の呪いによって醜い(=ビーストリー)外見になってしまった主人公・カイルが、イケメンだった本来の姿を取り戻すため、1年以内に内面を愛してくれる女性に出会おうと奮闘するファンタジック・ラブストーリー。わがままで自意識過剰な“オレ様”キャラの主人公を演じるのは、『アイ・アム・ナンバー4』で注目を浴びるアレックス・ペティファー。ヒロインには「ハイスクール・ミュージカル」で日本でも人気を誇るヴァネッサ・ハジェンズ。また、オルセン姉妹のメアリー=ケイト・オルセンが美しい魔女を演じている。

終始、自信なさげな栗原さんは「自信を持つと、浮かれちゃうので、自信を持つことはありません」。一躍“時の人”となった現状にも「なぜ注目されるのか分からないです。自分ではネガティブとは思いませんし…」と謙そんし、「内面と外見、どちらが大切か? 人それぞれの価値観だと思います。(しばし沈黙)うまく答えられなくてすみません…」と恐縮しきり。ラブストーリーの要素もある本作だが、本人は「恋愛ですか…。僕には恋人ができないと思っているので、考えるのは現実的ではない。こんな暗い僕を受け止めてくれる人はいません」とこれ以上ないネガティブ思考で取材陣を圧倒していた。

それでも将来については「役者に興味は…あります」と言い、「好きなのはクリストファー・ウォーケンやジョン・トラボルタ。それに六角精児さん」となかなかの“渋好み”。単にネガティブなだけではなく、真面目に謙虚にわが道を行く栗原さんだった。

『ビーストリー』DVDは、7月4日(水)よりTSUTAYA限定レンタル開始、8月2日(木)よりリリース開始。

『ビーストリー』DVD
7月4日(水)TSUTAYA限定レンタル開始
8月2日(木)¥3,990(税込)

レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
発売元:カルチュア・パブリッシャーズ
セル販売元:ハピネット

© 2011 CBS FILMS INC
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top