シネマカフェ的海外ドラマvol.249 キュートな弁護士役でブレイクした彼女に直撃!

最新ニュース

「私はラブ・リーガル3」 -(C) 2011 CPT Holdings, Inc. All Rights Reserved.
  • 「私はラブ・リーガル3」 -(C) 2011 CPT Holdings, Inc. All Rights Reserved.
  • 「私はラブ・リーガル3」 -(C) 2011 CPT Holdings, Inc. All Rights Reserved.
  • 「私はラブ・リーガル」 ブルック・エリオット
  • 「私はラブ・リーガル3」 -(C) 2011 CPT Holdings, Inc. All Rights Reserved.
キュートな弁護士・ジェーンが活躍する「私はラブ・リーガル」の主演女優、ブルック・エリオットに直撃インタビュー! 前編に続き、後編をお届けします。

外見はビッグ体型の敏腕弁護士・ジェーン、中身は陽気なモデル美女・デビー。複雑なパーソナリティを持つヒロインのジェーンですが、そんな彼女が着こなすファッションも注目のポイントです。
「シーズンを重ねるにつれ、ジェーンの中にいるデビーの好みがどんどん前に出てくるの。タイトなスカートにカッチリとしたラインのジャケットを合わせるタイプだったジェーンが、フレアなラインが美しいスカートやタイトなシルエットのジャケットを好むようになる。シーズン3以降は特にデビーのキュートなファッションテイストがもっともっと出てくるから、着ている私も楽しいわ。私自身はフリルやレース、リボンが大好きだから(笑)。ハイヒールに小さなリボンがついていたりすると、それだけでウキウキしてしまうの」。

美しいものや可愛いものに目がなく、元気いっぱいのオーラで周囲を明るくするデビーの魅力はブルック自身のものでもある様子。そんなブルックだけに、ショウビズ界への目覚めは早かったようです。
「元々歌うことが大好きで、歌い出したのは3歳くらいからね。バーブラ・ストライサンドみたいな歌手になりたかったの。さらに高校では演技にも目覚め、大学で本格的に演劇を学んだわ。そのままプロの道を歩むことができたのは本当にラッキーだと思う」。

「私はラブ・リーガル」に出演する前は、ミュージカル女優としてブロードウェイの舞台に立っていたことも。
「実はジェーンを演じ始めてから、仕事に対する考え方が少し変わったの。バーブラに憧れる気持ちはいまもあるし、ブロードウェイにもまた立ちたいけど、それ以上にもっともっと多くのことを学びたい。歌うことも演技をするのも大好きだけど、演出もしたくなったし、編集も学びたくなったわ」。

チャレンジ精神旺盛なブルックは、興味の対象も幅広いようです。
「ドラマの撮影中はジョージア州のアトランタから40マイル(約64キロ)ほど南の場所に住んでいるの。撮影中はスケジュールがハードだから、まずはたくさん眠ることが何よりも大事ね。十分睡眠をとった後は、大好きな映画を観に行ったり、本を読んだり。好きなジャンルはコメディや心理スリラーね。いま一番観たい映画は『Ted』(原題)よ。ああいった際どいコメディも大好きなの(笑)。あと、私の日常にズンバ(ラテン音楽とダンスを融合させたダンスエクササイズ)は欠かせない。リズムに合わせて体を動かすのが楽しいし、オススメのエクササイズよ」。

まさに人生を楽しんでいる印象のブルック。最後に「私はラブ・リーガル」が放つメッセージについて聞きました。
「自分らしさを愛すること、そうするのがどれだけ美しいかを知ること。社会は“あんな風になれ”“こんな風になれ”なんていろいろなことを言ってくるけど、このドラマには“ありのままの自分でいなさい”という肯定的なメッセージがある。私も自分の人生ではそれを実践しているわ。人は誰でも不安を抱えているものだし、変化したい願望もあるだろうけど、まずは自分の価値を知ることが何よりも大切なのよ」。




「私はラブ・リーガル3」
WOWOWプライムにて放送中
毎週木曜23:00〜[二か国語版]
毎週金曜24:15〜[字幕版]

© 2011 CPT Holdings, Inc. All Rights Reserved.
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top