真っ赤な血に怒り爆発! 狂気のクロエ・モレッツ『キャリー』写真初公開

最新ニュース

『キャリー』新ビジュアル解禁(クロエ・グレース・モレッツ&ジュリアン・ムーア)
  • 『キャリー』新ビジュアル解禁(クロエ・グレース・モレッツ&ジュリアン・ムーア)
  • 『キャリー』新ビジュアル解禁(クロエ・グレース・モレッツ&ジュリアン・ムーア)
  • 『キャリー』新ビジュアル解禁(クロエ・グレース・モレッツ&ジュリアン・ムーア)
スティーブン・キング原作で1976年にブライアン・デ・パルマ監督の手で映画化され、世界に震撼をもたらしたサイコ・サスペンス『キャリー』。それから36年、『キック・アス』『モールス』などで頭角を現し、いまをときめく若手女優クロエ・グレース・モレッツを主演に迎え、同タイトルにて映画化された『キャリー』が来年5月より日本で公開されることが決定し、これに先駆けて劇中の写真が初めて披露された。

内気な女子高生・キャリーと、彼女を厳格に育てる狂信的なクリスチャンである母、そして彼女を疎外する高校の同級生たちをめぐる青春サイコ・サスペンス。パルマ監督版は、実はテレキネシス(念動能力者)だったキャリーが、抑圧されていた怒りを爆発させ、いじめっ子たちを襲うショッキング・シーンが当時、圧倒的な迫力と衝撃で話題となり、いまもなお語り継がれる伝説のシーンとなっている。また、キャリーを演じたシシー・スペイセクと母を演じたパイパー・ローリーは、本作でアカデミー賞にWノミネートされ、原作者のキング氏も「私の作品に最も忠実に映像化されている」と絶賛していた。

前作をどこまで越えられるかに焦点が当てられそうな本作だが、その指揮をとるのは『ボーイズ・ドント・クライ』でヒラリー・スワンクにアカデミー賞主演女優賞をもたらしたキンバリー・ピアーズ監督。これまでも一目置かれる存在感と強烈なインパクトを放ってきたクロエから、今回いかにシリアスでサイコな演技を引き出せるのか、その手腕に期待がかかる。また、キャリーの内向性を増長させることになる異常なまでに厳しい母親には、『ハンニバル』、『めぐりあう時間たち』の演技派女優ジュリアン・ムーアが扮する。

今回公開されたのは、2枚の劇中の場面写真。1枚目は、真っ赤な血を浴びたクロエ扮するキャリーの写真。真っ白のプロムのドレスが深紅に染まり、キャリーの怒りと共に能力が爆発するという、映画の重要な瞬間の写真である。もう1枚は、胸にかけた十字架とその表情が物語る通り、狂信的なクリスチャンであるキャリーの母親の写真。果たして、2人はどのような“狂気”の競演を見せてくれるのか…?

『キャリー』は現在トロントを中心にして撮影中、全米では2013年3月15日(現地時間)に公開。日本では2013年5月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top