オスカー女優キャシー・ベイツ、両乳房切除手術を受けていたことを告白

最新ニュース

キャシー・ベイツ
  • キャシー・ベイツ
乳がんと診断されていたキャシー・ベイツが、両乳房切除手術を受けていたことが分かった。2003年には卵巣がんと診断されていたキャシーだが、今回乳がんと診断された結果、両乳房を切除する手術を受け、放射線治療と化学療法は今後全く行わないことを明らかにした。

キャシーは「People.com」に、「よくよく考えた結果、両乳房切除手術をを受けることにしたの。幸運にも、放射線治療と化学療法は受ける必要はないわ。私は、いつも猫のようにちゃんと両足で着地できるから家族には“キャット”と呼ばれてるんだけど、それは今回も例外ではなさそうね」とコメントしている。

さらにキャシーは、医師団から病状が回復すると伝えられているため、今後仕事に復帰する意欲も見せ、「医師たちには長生きするって言われたの。だから私の大好きな仕事に復帰できるのをいまから楽しみにしているわ」と話している。

卵巣がんと診断された際、女優業を継続したかったため診断を公にしていなかったキャシーだが、今年初めには、もしがんが再発した場合にはこれからは公表するとも語っていた。「メリッサ・エスリッジのように、診断をオープンにできる人たちは感心するわ。カツラも着けず、すべて隠さずに人生を歩んでいる女性たちにもね。だから、次に再発したらもっと勇気を持とうと思うの」。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top