『ダイ・ハード』シリーズ第5弾 “これぞハリウッド!”なド迫力の最新映像が到着

最新ニュース

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』 -(C) 2013Twentieth Century Fox
  • 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』 -(C) 2013Twentieth Century Fox
ブルース・ウィリス主演で贈る、日本でも絶大な人気を誇るシリーズ最新作『ダイ・ハード/ラスト・デイ』。製作発表されてから沈黙を保ってきていた、この全世界待望のアクション超大作の最新映像とビジュアルがついに初解禁となった!

シリーズお馴染みのニューヨーク市警察の不死身の刑事、ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)。第1作目では、ロサンゼルスの超高層のナカトミ・ビル、2作目ではワシントン・ダレス国際空港、3作目ではニューヨーク市内全体を舞台に、さらに4作目ではワシントンDCなどアメリカ合衆国全域を股にかけ、国家の危機を救ってきた彼が、5作目となる『ダイ・ハード/ラスト・デイ』でついに世界進出を果たす。

前作から6年ぶりとなるシリーズ第5弾となる本作。舞台は、誰も予想だにしなかった異国の地、ロシア連邦の首都・モスクワ。“悪運のDNA”を脈々と受け継ぐ一人息子・ジャック(ジェイ・コートニー)と共に、ジョンはシリーズ最大の難関に立ち向かっていく。毎回信じられない災難に否応なく巻き込まれるジョンだが、ジャックも父親譲りの運の悪さを発揮する。どんな場面でも反りが合わないこのマクレーン親子だが、モスクワではこれまで以上の“大災難”に巻き込まれることになるようだ。

解禁されたビジュアルでは、息子・ジャックとジョンの“世界一運の悪い”マクレーン親子がマシンガンを構える奇跡の2ショットが初お目見え。また、同時に初公開された最新映像では、ファンにはお馴染みの「ベートーヴェンの交響曲第9番」に合わせて、マシンガン、ショット・ガンを撃ちまくるド派手な銃撃シーン、スピード感あふれる瞬き禁止の怒涛アクションが繰り広げられる。ラストには「ニュージャージー州のジェームズ・ボンドだ」とジョンが決めセリフを放つ姿も収められており、期待を裏切らないジョンの“リアル・ヒーロー”ぶりは6年を経た本作でも健在! それ以上に、パワーアップしたアクションと観る者を引き込むユーモアのセンスは、まさにシリーズ最高傑作の誕生を予感させる。

ビジュアルや映像は公開されたものの、ストーリー部分はほとんど明かされておらず、今後の続報に注目が集まりそうだ。

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』は2013年2月、TOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。

※こちらの最新編映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top