「3D映画の概念を崩した」とキャメロン監督も大絶賛!『ライフ・オブ・パイ』特別映像

最新ニュース

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』特別映像
  • 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』特別映像
アカデミー賞に輝く名匠アン・リーが、不可能と言われていた名作小説「パイの物語」に映画化に挑戦した渾身の一作『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』。「言葉の壁を越えて世界中の人々に感動を与えた」と絶賛され、リー監督がフランス文化芸術文化賞を受賞するなど、早くもアカデミー賞最有力との呼び声も高い本作だが、このたび『アバター』で世界中を席巻した3D映画の先駆者ジェームズ・キャメロンが絶賛のコメントを寄せる特別映像が到着した。

荒々しい海に投げ出された少年に残されたのは、小さなボートとわずかな非常食、そして一頭のトラ。主人公・パイの波乱と冒険に満ちた人生の航海が描かれる。この奇想天外なヤン・マーテル原作の小説の映像化を可能にしたのは、最先端のデジタル・テクノロジー技術と、ジェームズ・キャメロンが所有する3D撮影機材。特別映像で垣間見える、3D映像の可能性を極限まで引き出した圧巻の映像美には、思わず目を奪われてしまうはずだ。

今回、初公開された特別映像の中でキャメロン監督は、「アン・リー監督は、3D映画の概念を崩した」と熱弁する。「冒頭から不思議な光景で物語に一気に引き込まれ、その旅は驚きと恐怖にあふれ、そして実に美しいんだ。これ以上の作品はない。ぜひ自分の目で確かめてほしい。これこそ3D映画のあるべき姿だ!」と本作を大絶賛! 

一方のリー監督は、「この方法にたどり着くには時間がかかった」と苦労を明かす。「ヤン・マーテルの原作『パイの物語』で素晴らしいと思ったことの一つは、次から次へと信じられない話が続くこと。映画を作る上で私が目指したのは、それらのストーリーを息づかせることだった。私はストーリーをできるだけ詳細かつリアルに描こうと思い、3Dを使えば心に訴えかける作品が作れると思ったんだよ」と、発表当時世界を驚愕させたリー監督の初の3D映画について持論を展開している。

「3Dは立派な芸術だ」と語るキャメロン監督が大絶賛の映画『ライフ・オブ・パイ』。3D映画の未来を託された本作に全世界の注目が集まる。

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』は2013年1月25日(金)よりTOHO シネマズ日劇ほか全国にて公開。

※こちらの特別映像はcinemacafe.net記事ページより、ご覧いただけます。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top