ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」、ロッテルダム映画祭にて異例の全話上映決定!

最新ニュース

ドラマ「ゴーイング・マイ・ホーム」 -(C) Kansai Telecasting Corporation. All Rights Reserved.
  • ドラマ「ゴーイング・マイ・ホーム」 -(C) Kansai Telecasting Corporation. All Rights Reserved.
  • ドラマ「ゴーイング・マイ・ホーム」(左から、是枝裕和監督&阿部寛)
  • ドラマ「ゴーイング・マイ・ホーム」最終話でのワンシーン(奥から阿部寛&山口智子)
ついに今夜(12月18日)最終話を迎える、連続TVドラマ「ゴーイング マイ ホーム」。映画監督の是枝裕和が、阿部寛を始めとする豪華キャスト陣を迎えて贈る本作が、2013年1月23日(現地時間)よりオランダで開催される第42回ロッテルダム国際映画祭に正式招待され、全話上映されることが明らかとなった

冴えないサラリーマンの坪井良多が、疎遠だった父が倒れたのをきっかけに故郷の長野に帰る。そこで彼は父が伝説の小さな生き物“クーナ”を探していたことを知る。当初は“クーナ”の存在に疑問を持っていた良多であったが、地元の人々と触れ合ううちに彼の心にも変化が起き始める——。

ロッテルダム国際映画祭は、毎年30万人を超える人々が訪れ、上映本数も700本に及ぶ、ヨーロッパではカンヌ、ベルリン、ロカルノなどと並ぶ国際映画祭だ。そんな由緒ある映画祭に日本の連続ドラマが全話上映されるのは異例中の異例! 是枝監督は、監督デビュー作『幻の光』('95)以来ほぼ全ての作品で正式招待されており、今回で通算10回目の参加となる常連監督だ。

今回の朗報を聞いた是枝監督からは、「このようなチャンスを頂いたことを映画祭関係者のみなさまに感謝します。まだ最終回を迎えていない連続ドラマの全話上映を決定していただけるというのは、やはりなかなかないことだと思いますので、ぜひこれをきっかけに、このドラマが海外でも放送されるといいなと思います」と野望を込めた喜びのコメントを寄せている。

今年、8月に行われた第69回ヴェネチア国際映画祭では黒沢清監督が自身が監督を務めたドラマ「贖罪」が特別招待部門で上映されたが、その際の上映形態はドラマ全5話分を再編集した4時間半にも及ぶフィルムとしての参加だった。果たして、是枝監督はどのようにドラマ「ゴーイング マイ ホーム」を現地入りさせるのか? 

ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」は関西テレビ・フジテレビ系にて12月18日(火)22:00〜最終話放送。

第42回ロッテルダム国際映画祭は2013年1月23日〜2月3日(現地時間)の期間で開催。

「ゴーイング マイ ホーム」公式サイト:http://www.ktv.jp/goingmyhome/
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top