2013年初イベントは『ルパン三世 カリオストロの城』で 第16回原宿シネマ開催!

最新ニュース

『ルパン三世 カリオストロの城』 -(C) モンキー・パンチ (C) TMS
  • 『ルパン三世 カリオストロの城』 -(C) モンキー・パンチ (C) TMS
  • 『ルパン三世 カリオストロの城』 -(C) モンキー・パンチ (C) TMS
  • 『ルパン三世 カリオストロの城』 -(C) モンキー・パンチ (C) TMS
  • 第16回「原宿シネマ」かせきさいだぁ館長
“人生に衝撃を与えた一本”をテーマに、これまで様々なフィールドで活躍するプロフェッショナルな人々を館長に迎えて贈る「原宿シネマ」が1月14日(月・祝)より開催。2013年初イベントとなる今回は、スタジオ・ジブリの宮崎駿監督が手がけた名作『ルパン三世 カリオストロの城』が上映されることが明らかとなった。

今年で早3年目を迎え、館長自身がセレクトした“思い入れのある一本”を彼らのトークショーを交えながら作品の魅力を紐解いていく本イベント。2011年5月よりスタートし、これまでにモデル・女優として活躍する太田莉菜や俳優の濱田岳、ミュージックシーンからは「スチャダラパー」のBOSEなど個性あふれるゲストが館長として参加してきた。

そして今回の館長に選ばれたのは、ラッパー・作詞家・漫画家としてマルチな才能を発揮するアーティスト・かせきさいだぁ。ラップミュージシャンとしての活躍に加え、最近ではアイドルグループ「でんぱ組.inc」の楽曲プロデュースやアート活動と知る人ぞ知るサブカル界の重鎮だ。そんな彼が人生の一本として選んだのが、『ルパン三世 カリオストロの城』。

かせき館長からは、本作を選んだ理由について「『ルパン三世 カリオストロの城』は、あの宮崎駿さんの初長編監督作品です。ミュージシャンのファースト・アルバムに、そのミュージシャンのすべてが詰まっているとよく言われるように、本作も宮崎監督のすべてが詰まっています。もう詰め込む、詰め込む。名シーンのオンパレード。どこを取っても決定的に面白い作品です」と早くもその魅力を熱く語っている。

先日、『崖の上のポニョ』以来5年ぶりとなる長編監督作『風立ちぬ』をこの夏、公開すると発表したばかりの宮崎監督の初期衝動をぜひスクリーンで味わってみて!

第16回原宿シネマ “心を奪われる映画たちvol.1”
開催日:1月14日(月・祝)
時間:15:30開場/16:00開演
場所:VACANT(東京・原宿)
館長:かせきさいだぁ
上映作品:『ルパン三世 カリオストロの城』('79年)
公式サイト:http://www.harajukucinema.com/

© モンキー・パンチ (C) TMS
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top