吉高由里子、『横道世之介』撮影現場で“放牧”状態?「のびのびリラックスしていた」

最新ニュース

吉高由里子&沖田修一監督 in 『横道世之介』ヒット御礼舞台挨拶
  • 吉高由里子&沖田修一監督 in 『横道世之介』ヒット御礼舞台挨拶
  • 吉高由里子 in 『横道世之介』ヒット御礼舞台挨拶
  • 吉高由里子&沖田修一監督 in 『横道世之介』ヒット御礼舞台挨拶
  • 吉高由里子 in 『横道世之介』ヒット御礼舞台挨拶
  • 吉高由里子 in 『横道世之介』ヒット御礼舞台挨拶
  • 吉高由里子 in 『横道世之介』ヒット御礼舞台挨拶
  • 吉高由里子 in 『横道世之介』ヒット御礼舞台挨拶
女優の吉高由里子が3月11日(月)、東京・HUMAXシネマ渋谷で出演作『横道世之介』のヒット御礼舞台挨拶を、メガホンをとった沖田修一監督と共に行った。

高良健吾演じる主人公・世之介の恋人で、社長令嬢の祥子をキュートに品良く好演した吉高さん。撮影現場を「のびのびとリラックスした現場で、まるで“放牧”されているような解放感を味わった」としみじみふり返り、「いまはスケジュール的にも、キャラクター的にもパツパツです(笑)」と現在撮影が進む「ガリレオ」シリーズ最新作『真夏の方程式』(主演・福山雅治)の様子も明かしていた。

吉田修一の同名青春小説を原作に、上京したての大学生・横道世之介の日常と、彼を取り巻く個性豊かな人々の生活を優しいタッチで描き出す青春ストーリーとなる本作。吉高さんにとって、高良さんとの共演は実に5年ぶりで「撮影初日は高良くんと一言もしゃべらなかった。お互い、緊張していたのかな?」。それでも、すぐに息の合った共演を披露したそうで、沖田監督も「本当に爆発力の女優さん」と吉高さんに太鼓判だ。

もちろん、沖田監督に限らず、映画を観た人なら誰もが愛さずにはいられないキャラクターになったヒロイン・祥子。吉高さんの周りでも評判は上々で「私の好感度を上げてくれた映画。本当にありがとうございます。好きなシーンもたくさんあり過ぎますね!」と本人も手応えたっぷり。

「今後も新作のキャスティングをするときは、吉高さんのことがパッと頭に浮かぶはず。また、いろいろなことを一緒に面白がれれば」(沖田監督)、「それは嬉しい約束ですね。またご一緒できるまで、女優のお仕事頑張ります」(吉高さん)とすっかり意気投合していた。

また、東日本大震災から2年の歳月が経った同日、吉高さんは「復興が続く中、こうしてお客様が劇場に足を運び、少しでも笑っていただけるならとても嬉しく思います。震災のことを風化させず、自分の中にしっかり閉じ込めておきたい」と真摯に挨拶していた。

『横道世之介』はHUMAXシネマ渋谷、新宿ピカデリーほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top