『スター・ウォーズ』新3部作とスピンオフ2作品、2015年から2019年にかけて毎年公開へ

最新ニュース

ボバ・フェットとハン・ソロ -(C) Getty Images
  • ボバ・フェットとハン・ソロ -(C) Getty Images
  • ディズニー版『スター・ウォーズ』でメガホンを握るJ.J.エイブラムス -(C) Getty Images
  • ハン・ソロ  -(C) Getty Images
  • ボバ・フェット -(C) Getty Images
  • ディズニー版『スター・ウォーズ』でメガホンを握るJ.J.エイブラムス -(C) Getty Images
  • 『スター・ウォーズ』ロゴマーク -(C) Getty Images
  • C-3PO&R2-D2 -(C) Getty Images
  • ディズニー版『スター・ウォーズ』でメガホンを握るJ.J.エイブラムス -(C) Getty Images
ウォルト・ディズニーが、2015年から2019年にかけて毎年夏に「スター・ウォーズ」最新作およびスピンオフを1作ずつ公開する計画を立てているようだ。ディズニーは映画見本市のシネマコンで17日(現地時間)、J・J・エイブラムスが2015年の公開を目指している最新作『スター・ウォーズ エピソードVII』(エピソード7)に続いて、2017年に『スター・ウォーズ エピソードVIII』(エピソード8)、そして2019年に『スター・ウォーズ エピソードIX』(エピソード9)と2年間隔で新3部作が公開されると発表した。

また、ディズニーはスピンオフ作品を2016年と2018年に公開する見込みだ。スピンオフはそれぞれボバ・フェットと若き日のハン・ソロを主役に据えた作品になると伝えられている。その上ディズニーは、それぞれの独立したスピンオフ作品がシリーズとして成功を収めている『X-MEN』『アベンジャーズ』のように、さらにスピンオフ単体としてシリーズ化されることも望んでいると言われている。ただ現時点では、スピンオフの製作・キャスト陣等は発表されていない。

『トイ・ストーリー3』のマイケル・アーントが脚本を執筆しているエピソード7は、監督のエイブラムスを始め、キャスリーン・ケネディ、ブライアン・バークらがプロデュースを担当する。さらにジョージ・ルーカスに加え、ローレンス・カスダンやサイモン・キンバーグらがクリエイティブ・コンサルタントとして参加することになっている。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top