【カンヌ国際映画祭】エマ・ワトソンが初登場! 大歓声に投げキッス

最新ニュース

エマ・ワトソン&ソフィア・コッポラ監督&ケイティ・チャン&クレア・ジュリアン&タイッサ・ファーミガ&イスラエル・ブルサード/『THE BLING RING』-(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン&ソフィア・コッポラ監督&ケイティ・チャン&クレア・ジュリアン&タイッサ・ファーミガ&イスラエル・ブルサード/『THE BLING RING』-(C) Getty Images
  • 大歓声に投げキッスで応えるエマ・ワトソン/『THE BLING RING』-(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン&ソフィア・コッポラ監督&ケイティ・チャン&クレア・ジュリアン&タイッサ・ファーミガ&イスラエル・ブルサード/『THE BLING RING』-(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン&ソフィア・コッポラ第66回カンヌ国際映画祭公式会見/『THE BLING RING』-(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン&ソフィア・コッポラ第66回カンヌ国際映画祭公式会見/『THE BLING RING』-(C) Getty Images
第66回カンヌ国際映画祭も2日目の5月16日(現地時間)、「ある視点」部門オープニング作品であるソフィア・コッポラ監督の最新作『THE BLING RING』(原題)が上映され、主演のエマ・ワトソンらキュートなキャストたちがカンヌのレッドカーペットに初登場、大歓声に投げキッスで応えた。

映画は、パリス・ヒルトンら、ハリウッド・セレブばかりを狙った高校生窃盗団の実話を基に、セレブに取り憑かれた若者のあまりに無謀な冒険を追いかける。タイトルの『Bling Ring』とは、「ギラギラした一団」という意味。会見には、ソフィア、エマを始め、ケイティ・チャン、クレア・ジュリアン、タイッサ・ファーミガ、イスラエル・ブルサードら窃盗団メンバーを演じた若手俳優たちが全員登壇した。

コッポラ監督は「セレブに憧れるあまりに事件を起こした彼らを、これ以上有名にしてはいけないと思い、名前は全部変えたわ。メンバーには2人ほど会ったけれど、彼女たちの話は実にに面白かった。一人の子なんて、『何よりもパリスの犬が見てみたかったの!』って言うの(笑)。これはフィクションでは言えないセリフだと思う」と無邪気すぎる泥棒たちの印象を語った。

メンバーの中でも特にセレブ気取りのニッキーを演じたエマは、『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役を演じていたことがすごく昔のことに感じると言い、「別に『ハリー・ポッター』でのイメージを払拭いたいなんて思っていないの。ただ、この数年はいろいろ新しい経験をしたせいで、そう感じてしまう。こんなに面白い役をもらえて、すごくラッキーだと思うわ」と胸を内を明かした。

また、「カンヌでは、こんなにたくさんの人が映画のことを真剣に考えている。とても素敵な体験ができているわ」と、カンヌ映画祭初体験を楽しんでいる様子だった。

『THE BLING RING』は12月、渋谷シネクイントほか全国にて公開。
《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top