キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、双極性障害治療プログラムを終えて退院

最新ニュース

キャサリン・ゼタ・ジョーンズ -(C) Getty Images
  • キャサリン・ゼタ・ジョーンズ -(C) Getty Images
  • 夫マイケル・ダグラス&キャサリン・ゼタ・ジョーンズ -(C) Getty Images
  • キャサリン・ゼタ・ジョーンズ -(C) Getty Images
先月に双極性障害治療のため入院したキャサリン・ゼタ・ジョーンズが、治療プログラムを終え、自宅に戻ることが明らかになった。

キャサリンの夫、マイケル・ダグラスは最新主演作『Behind the Candelabra』(原題)が上映された第66回カンヌ国際映画祭に出席していたが、20日(現地時間)に同地で「People」誌の取材を受け、「彼女は明日、家に戻るんだ。心の均衡を保てるよう、本当に頑張った。彼女のことを誇りに思うよ」と語った。

キャサリンは2011年、躁うつ症状に苦しむ双極性障害を患っていることを公表し、コネティカット州の医療施設に入所して治療を受けた。前年には夫・マイケルが咽頭がんで闘病生活を送ったこともあり、心労が重なったようだ。

4月29日に30日間の予定で入院したのは症状が悪化したからではなく、自らの意思だという。入院を公表した際に彼女の代理人は「キャサリンは以前から『最適な方法で健康を管理するために、周期的に治療を受ける』と話していました」と、2度目の入院治療は予防的なものだとコメントした。

(C) Getty Images
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top