ブラッド・ピット、病床のアンジーに愛の手紙を読み上げ大粒の涙を流す

最新ニュース

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー -(C) Getty Images
  • ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー -(C) Getty Images
  • ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー -(C) Getty Images
  • ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー
  • ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー -(C) Getty Images
ブラッド・ピットが病床のアンジェリーナ・ジョリーに対して愛の手紙を読み上げて、大粒の涙を流していたという。乳がんの予防処置としてアンジェリーナが初回ステージの両乳腺切除手術を行った際にアンジェリーナの治療に付き添っていたブラッドは、手紙にアンジェリーナへの愛の気持ちをすべて込めたようだ。手術用の麻酔によりアンジェリーナが朦朧とする中、ブラッドはその手紙を読み上げたという。

ある関係者はUK版「Grazia」誌に「アンジェリーナが寝ている間、ブラッドは夜通し彼女へ手紙を書いていたんです。彼の一番の後悔は、まだ彼女と結婚していないということなんです。彼は今回の経験を経てすぐでも結婚したいと思うようになったと言ってました」。

さらに「その手紙は5ページもあるんです。手紙の中でブラッドは、強い女性として、そして慈善家としてのアンジェリーナをいかに愛しているかをたくさん綴っていて、いつも自分が必要なときに心の支えになってくれたかということにも重点を置いて語っています。そしてブラッドがアンジェリーナに同じように支える番だと約束したんです」と明かしている。

そんな苦難の中、絆を深めた2人は、南仏の自宅で7月にも結婚する予定を進めているようで、2人の愛と未来を祝福する日にしたいと願っているようだ。さらに、2人は結婚式を飾る花束として、2007年に卵巣がんのため56歳で亡くなったアンジェリーナの母親のミシェリーヌ・ベルトランさんが生前好きだったというオニユリを選んだようだ。

先の関係者は「ブラッドとアンジェリーナ、そして子供たちは、7月初旬に予定している結婚式の最後の準備のためコート・ダジュールに赴く予定になっています」「すでにジュエリー・デザイナーのロバート・プロコップがデザインした結婚指輪もできていますし、式に使う3段のチョコレートケーキのオーダーも済ませていて、アンジーの母親の好きだったオニユリを含めた花束も用意してます」「愛と笑い声が絶えない一日になることでしょう。明るい未来に目を向けた式なんです」と続けた。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top