ケイト・ブランシェット、新作でミア・ワシコウスカと禁断の恋に落ちるレズビアン役に

最新ニュース

ミア・ワシコウスカ&ケイト・ブランシェット -(C) Getty Images
  • ミア・ワシコウスカ&ケイト・ブランシェット -(C) Getty Images
  • ケイト・ブランシェット
  • 『イノセント・ガーデン』キャスト&スタッフ陣
ケイト・ブランシェットが新作『Carol』(原題)でミア・ワシコウスカと共演することになった。映画サイトの「ScreenDaily.com」によれば、パトリシア・ハイスミスが1952年に出版したロマンス小説「The Price of Salt」の映画化となる本作は、1950年代のニューヨークを舞台にした作品で、ケイトとミアは劇中でレズビアンのカップルを演じるという。

本作でミアが演じるのはデパート店員として平凡な生活を送りながらも刺激を求める20代の女性で、愛のない結婚生活に不満を覚えているケイト扮する年上の女性と出会うことで禁断の恋に落ちていく姿が描かれることになる。

監督を務めるのは、ボブ・ディランの伝記映画『アイム・ノット・ゼア』でもケイトと組んだ経験のあるトッド・ヘインズで、脚本は主に演劇方面で活躍するフィリス・ナジーが担当している。プロデューサーのエリザベス・カールセンは「トッドが現在最も才能ある監督のひとりであることは紛れもない事実です。この脚本とキャスト陣を彼が料理してくれるなんて、夢が叶いましたよ」と抱負を語っている。

現在、ジョージ・クルーニー主演、監督作『The Monuments Men』(原題)の撮影中のケイトは、今後もディズニーが贈る新作実写版『シンデレラ』などの話題作を控えている。一方のミアは最近、新作コメディー『The Double』(原題)やドラマ作品「Tracks」(原題)のクランクアップを迎えたばかりだ。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top