『モンスターズ・ユニバーシティ』同時上映作品決定! 渾身の“ほぼ実写”特別映像解禁

最新ニュース

『ブルー・アンブレラ』 -(C) (C) 2013 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『ブルー・アンブレラ』 -(C) (C) 2013 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『モンスターズ・ユニバーシティ』 -(C) 2013 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『モンスターズ・ユニバーシティ』 -(C) 2013 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『モンスターズ・ユニバーシティ』 -(C) 2013 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『モンスターズ・ユニバーシティ』 -(C) Disney/Pixar.All Rights Reserves.
  • 『モンスターズ・ユニバーシティ』 -(C) Disney/Pixar.All Rights Reserves.
  • 『モンスターズ・ユニバーシティ』 -(C) Disney/Pixar.All Rights Reserves.
マイクとサリーの最恐コンビが誕生する“学生時代”を描いた、ディズニー/ピクサーの傑作人気シリーズの最新作『モンスターズ・ユニバーシティ』。日本では7月6日(土)に公開されることが決定しているが、本作と同時上映される短編作品『ブルー・アンブレラ』の特別映像が、“傘の日”となる本日(6月11日)解禁された。

『ブルー・アンブレラ』は、雨音が音楽を奏でる街角で“青い傘”と“赤い傘”が繰り広げるラブストーリー。都会に雨が降り始めたとき、街には魔法がかかり、様々なものに命が宿る…傘をさした人間の目の届かない所で巻き起こるロマンチックな物語だ。

とある街角、人々が信号待ちで足を止め、偶然が生んだそのときに出会った“青い傘”と“赤い傘”。今回解禁された映像では、美しい雨が彩る中、“青い傘”と“赤い傘”が出会うシーンが収められている。

離れ離れになってしまう彼らを後押しするのは命を宿した街。実写と見紛うほど美しく描かれた街で恋に落ちた傘に訪れるファンタジックな展開とは?

本作でメガホンをとったのは、『カーズ2』『トイ・ストーリー3』などのカメラ・レイアウトを担当した、ドイツで生まれ育ちのサーシャ・アンセルド。「ハンブルグにはよく雨が降る。僕は雨が大好きだ!」と語る彼の愛情が、どんよりと暗くなってしまう雨の日をロマンチックなものへと変えている。すでにベルリン映画祭ではプレミア上映もされ、アニメーションでありながら、ディズニー/ピクサー渾身のこの映像表現で大きな注目を浴びた。

「僕はプレゼンのとき街の中で人間の顔に見えるものを幾つかiPhoneで撮って、表情をアニメートして10秒の動画を披露した。ジョン(・ラセター)とエド(・キャットマル)は『ぜひ実写的なリアリズムを持ったアニメをやろう!』とあっさり決まったからね」と続け、『ブルー・アンブレラ』がこれまでのピクサー作品とは違ったアプローチにより完成した作品であることを明かしている。

アニメーションで史上最も実写に近い描写への挑戦。ディズニー/ピクサー作品のファンならば、ぜひこの新しい驚きをチェックしてほしい。

『ブルー・アンブレラ』と同時上映される『モンスターズ・ユニバーシティ』は7月6日(土)より2D/3Dにて公開。

※『ブルー・アンブレラ』の特別映像はcinemacafe.net記事ページよりご覧いただけます。


(C) 2013 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top