ヘレナ・ボナム=カーター、リメイク版『シンデレラ』でフェアリー・ゴッドマザー役に

最新ニュース

ヘレナ・ボナム=カーター -(C) Getty Images
  • ヘレナ・ボナム=カーター -(C) Getty Images
  • ヘレナ・ボナム=カーター
ヘレナ・ボナム=カーターがディズニーのリメイク版『シンデレラ』で魔法使いの妖精、フェアリー・ゴッドマザーを演じることが決まった。名作の実写版となる本作では「ダウントン・アビー」のリリー・ジェームズがシンデレラ役に、そしてケイト・ブランシェットが意地悪な継母トレメイン夫人に決定しているが、今回ヘレナがキャスト入りを果たしたと「The Hollywood Reporter」が伝えている。今回のリメイク版でフェアリー・ゴッドマザーは、1950年に公開されたオリジナルのアニメ作品よりも出番が多く重要な役どころになるようで、真の姿を隠し老婆の姿でシンデレラを見守ることになる。

また、ケネス・ブラナーがメガホンを取る本作では、ほかにも人気ファンタジー・ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で人気のリチャード・マッデンが王子役に抜擢されていて、ソフィー・マクシェラとホリディ・グレンジャーがトレメイン夫人の連れ子でシンデレラをいじめる義姉役として決まっている。本作は今秋にもロンドンで撮影が開始される見込みだ。

今後ヘレナは英BBC製作の『Burton and Taylor』(原題)でエリザベス・テイラーを演じる予定のほか、ジョニー・デップと共演した最新作『ローン・レンジャー』は8月2日(金)から日本で公開予定だ。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top