ジェニファー・ロペス、ホームレスだった過去を告白

最新ニュース

ジェニファー・ロペス-(C) Getty Images
  • ジェニファー・ロペス-(C) Getty Images
  • ジェニファー・ロペス
  • ジェニファー・ロペス-(C) Getty Images
ジェニファー・ロペスはホームレスだったことがあるそうだ。現在は元夫マーク・アンソニーとの間に5歳になる双子のマックスとエメを持つジェニファーだが、自身の将来の方向性について母親と口論をした後にはダンススタジオに寝泊りすることが頻繁にあったのだという。

ジェニファーは「W」誌に「私は母とよくケンカしたわ。私は大学になんか行きたくなくて、ダンサーとして一人立ちしたかったから。だから母と距離を置いたこともあったわ。それで私はダンススタジオのソファで寝るようになったの。ホームレスだったわけだけど、私は母に『こうするしかないわ』って言ったのを覚えているわ。そうしたら、その数か月後にヨーロッパでダンサーの仕事に就けたの。それから戻って来たらテレビ番組の『イン・リビング・カラー』の仕事が舞い込んできて、番組内の『フライ・ガールズ』に抜擢されて、ロサンゼルスに移り住んだわけよ。この全てが1年以内に起きたのよ」と語った。

そうして自分の手でつかんだ自由を楽しむ一方で、ジェニファーはニューヨークのブロンクスからロサンゼルスへ拠点を移したことが当初嫌いだったのだと続ける。「ロサンゼルスは大嫌いだったわ。『牛乳を買うようなお店はどこ? あなた達、道を歩かないの?』って周りに聞いてたくらいよ。いまはロサンゼルスが大好きだけど、ブロンクスが私を強くしてくれたようなパワーは感じられないわね。私が生きるために必要だった力強さの全ては、ブロンクスからもらったの」。

そんなジェニファーはまた、自身が持つ野心や仕事に対する熱意を自分の子どもたちにも受け継がせるつもりだと明かしている。「子どもたちには何事にも一生懸命取り組むように教え込もうって思ってるわ。でも私が子どもたちから学んだことと言えば、あの子たちは言われたことに従うのじゃなくて、親がやっている姿をマネするのよ。私も両親をよく見ていたもの。私の父は夜遅くに働いていたんだけど、父が私たちのためにどれだけ頑張ってくれているのかということに私はちゃんと気づいていたわ。私の母はタッパーウェアを売り歩く仕事と学校での仕事を掛け持ちしていたわ。だから、私は常に両親をがっかりさせまいと思っていたの。それに早い時期から私には自然と規律が身についていたのよ。いつも何かに向けて努力していたの」「自分の部屋の鏡の前で、歌ったり踊ったりしていたことを覚えているわ。私にはいつも夢があったけど、それがどんどん大きくなっていっただけなの」と話した。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top