マシュー・フォックス&初音映莉子のラブラブぶりに西田敏行&桃井かおりが嫉妬?

最新ニュース

マシュー・フォックス&初音映莉子/『終戦のエンペラー』記者会見 in アメリカ大使館
  • マシュー・フォックス&初音映莉子/『終戦のエンペラー』記者会見 in アメリカ大使館
  • 初音映莉子/『終戦のエンペラー』記者会見 in アメリカ大使館
  • トミー・リー・ジョーンズ&マシュー・フォックス&初音映莉子&西田敏行&桃井かおり&ピーター・ウェーバー監督/『終戦のエンペラー』記者会見 in アメリカ大使館
  • マシュー・フォックス/『終戦のエンペラー』記者会見 in アメリカ大使館
  • トミー・リー・ジョーンズ/『終戦のエンペラー』記者会見 in アメリカ大使館
  • 西田敏行&桃井かおり/『終戦のエンペラー』記者会見 in アメリカ大使館
  • マシュー・フォックス/『終戦のエンペラー』記者会見 in アメリカ大使館
  • 桃井かおり/『終戦のエンペラー』記者会見 in アメリカ大使館
映画『終戦のエンペラー』に出演するマシュー・フォックスとトミー・リー・ジョーンズが来日。ピーター・ウェーバー監督、日本人キャストの初音映莉子、西田敏行、桃井かおりと共に7月18日(木)、記者会見に臨んだ。

終戦直後に厚木飛行場に降り立ったマッカーサー元帥と、彼に従う知日派のフェラーズ准将が、日本の戦争責任を負う者を精査し、歴史的な昭和天皇との謁見に至るまでの史実を描いた本作。この日の写真撮影は、この謁見が行われたアメリカ大使館内の大使公邸の広間で行われた。

映画はもちろん、CMなどですっかり日本でもおなじみのトミーは、これまた多くの日本人が歴史の授業などで知るマッカーサー元帥に扮したが「正直、最初に脚本を読んだときは自分はマッカーサーには似ても似つかないと思った」と明かす。だが「サングラスをかけて、コーンパイプをくわえれば、イメージに近づけるかと思い携わることを考え始めました。終戦直後の日本で彼らが復興に奔走し、日本を救おうとする姿に感動し、最終的に出演を決めました」と語った。

海外ドラマ「LOST」での活躍で日本でも高い人気を誇るマシューは、かつて日本人の女性・アヤと恋に落ちたことで日本を深く知り、愛するようになるフェラーズ准将を演じた。「脚本を読んで感銘を受けました。あれだけの本に出会うことはなかなかないことです。私が特に魅力を感じたのはやはり、フェラーズとアヤの恋の部分。文化や言葉を超えて惹かれ合うも、戦争に引き裂かれていくさまに心を奪われました」と語る。

西田さんも脚本を絶賛。「アメリカ人の方が書いた脚本がなぜここまで日本人の心を掴むのか――? 冒頭でマッカーサーとフェラーズが厚木に降り立つ前の飛行機の中での会話が日本を知らずに降り立つ(マッカーサー)の心理を表していて、愛おしく感じました。謁見のときのトミーさんの演技にも感動いたしました」と頷いた。

アヤを演じた初音さんは「今日、ここに来る途中、東京の街を眺めながら、日本を愛してくれたフェラーズさんは、いまの日本を見たら何を思うだろう? と考えていました。アヤという役を通してフェラーズさんを愛することができて幸せでした」と静かな笑みを浮かべた。

マシューと初音さんは監督の勧めもあって、撮影以外で一緒に映画や食事に行くなどして互いの距離感を縮めて恋人の空気感を作り上げていったという。「全てのプロセスが楽しいものでした」(マシュー)、「信頼関係がありました」(初音さん)と楽しそうにふり返ったが、この仲睦まじい様子にアヤのおじ夫婦を演じた西田さんと桃井さんが激しく嫉妬! 

西田さんが「僕とかおりちゃんも飲み明かしましたよ」と言えば、桃井さんは「昔からね。点滴打ちながら飲んでましたから(笑)。息ピッタリでしたよ」と負けじとラブラブぶりをアピールし、これには報道陣のみならずジョーンズやマシューも大笑いしていた。

『終戦のエンペラー』は7月27日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top