真木よう子「この映画が私の一部」…『さよなら渓谷』モスクワ受賞後、初の挨拶

最新ニュース

『さよなら渓谷』ヒット御礼舞台挨拶 (C)2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』ヒット御礼舞台挨拶 (C)2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』 -(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』 -(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』 -(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』 -(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 向かって左から大西信満、真木ようこ、大森立嗣監督/『さよなら渓谷』会見 in モスクワ国際映画祭
  • 向かって左から大森立嗣監督、真木ようこ、大西信満/『さよなら渓谷』 in モスクワ国際映画祭
モスクワ国際映画祭にて「審査員特別賞」も受賞した『さよなら渓谷』がヒットを記念して、7月24日(水)、東京・有楽町スバル座にて主演の真木よう子と大西信満による舞台挨拶が行なわれた。真木さんにとっては、受賞後初の舞台挨拶だ。

かつてのある事件で加害者と被害者の関係であったにもかかわらず、内縁の夫婦として同居する男女の間にある“愛”の形を描き出す本作。

モスクワでの受賞の様子を真木さんは、「この映画自体が私の一部になっています。海外でも認めてもらえる作品に携わることができて光栄。女優業というお仕事への自信にも繋がりました」と語る。

さらにモスクワでの思い出として「ピロシキを食べたり、ウォッカ飲んだりしましたよ。美味しかった!」と語り、モスクワ行きを満悦した様子だった。

大西さんも「去年の夏、一緒に時間を過ごしたことで、これから先、一度も会わないまま10年後に真木さんと再会したとしても、その時間を感じることなく自然にいまの2人に戻れると思う。そういう人に出会えたことが素敵な財産です」とコメント。

温かい拍手に包まれながら、イベントは幕を閉じた。

『さよなら渓谷』は有楽町スバル座、新宿武蔵野館ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top