東京ディズニーリゾート30周年Xmas、「ザ・ハピネス・イヤー」11/7より開催

最新ニュース

「ウォーターフロントパーク」のイルミネーション※イメージ写真
  • 「ウォーターフロントパーク」のイルミネーション※イメージ写真
  • 東京ディズニーシー「カラー・オブ・クリスマス」
  • 東京ディズニーシー「アメリカンウォーターフロント」のイルミネーション
  • 東京ディズニーランド「ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード」
  • 売上の1%をユニセフに寄付する対象商品ロゴ
  • 「ウォーターフロントパーク」のイルミネーション※イメージ写真
  • ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード
  • ディズニーアンバサダーホテル「エンパイア・グリル」エンパイアランチ
 東京ディズニーリゾートは、11月7日から12月25日の49日間にわたり、30周年を記念したクリスマスイベント「東京ディズニーリゾート30周年 ザ・ハピネス・イヤー」を開催する。

 東京ディズニーリゾートは、1983年4月に開園し、今年で30周年を迎える。それを記念して、東京ディズニーシー(TDS)、東京ディズニーランド(TDL)、ディズニーホテルにてクリスマスイベント「ザ・ハピネス・イヤー」を開催。クリスマスツリーやオブジェが飾られ、パーク全体がこの時期にしか味わえないロマンティックな雰囲気になるという。

 東京ディズニーシーでは、「願い」をテーマにしたイルミネーションと華やかなデコレーションに彩られた「クリスマス・ウィッシュ」を開催。メディテレーニアンハーバーでは、30周年のクリスマスを祝う「ホリデーグリーティング・フロム・セブンポート」、ツリーが幻想的に光輝く「カラー・オブ・クリスマス」といったエンターテイメントプログラムが実施される。また、アメリカンウォーターフロントには、雪の結晶をモチーフにしたイルミネーションや、高さ15メートルのクリスマスツリーなどが飾られる。

 東京ディズニーランドでは、サンタクロースが住む村ディズニー・サンタヴィレッジをテーマに「クリスマス・ファンタジー」を開催。「ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード」では、サンタヴィレッジの世界を各フロートで表現したり、「おもちゃ工場」をモチーフにしたグッズが販売される。

 ディズニーホテルでも、ツリーやイルミネーションなどの装飾が施され、クリスマスムードを盛り上げるという。ディズニーアンバサダーホテルでは、イベント期間に合わせてクリスマスのデコレーションを施した客室を用意。雪をイメージしたスペシャルメニューには、ミッキーマウスやミニーマウスをモチーフにしたスノーマンのオリジナルピンが付いてくる。東京ディズニーランドホテルと東京ディズニーシー・ホテルミラコスタでも、パークのクリスマスイベントと連動したスペシャルメニューが用意される。

 イベント期間中、30周年のコスチュームをまとったミッキーマウスやミニーマウスのぬいぐるみなどの限定商品も販売、今年は「Make Happiness」のロゴが付いた10種類の対象商品の、販売価格の1%がユニセフに寄付される。

 ほかにも、ディズニーリゾートラインではクリスマス期間限定のディズニーの仲間たちがデザインされたラッピング車両を運行したり、クリスマスのエンターテイメント・プログラムの鑑賞券が付いた宿泊プランが用意されたりとさまざまな企画が用意される。なお、詳細は9月3日17時より、東京ディズニーリゾート・オンラインサイトにて確認できる。

◆東京ディズニーリゾート30周年 ザ・ハピネス・イヤー
開催期間:11月7日(木)~12月25日(水)
開催場所:東京ディズニーシー・東京ディズニーランド・ディズニーホテル(ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーランドホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、ディズニーリゾートラインなど)

東京ディズニーリゾート30周年Xmas、ザ・ハピネス・イヤー11/7より開催

《水野 こずえ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top