田中圭、単独初主演ドラマはゲーマー… “ゲーセン”は熱かった!

最新ニュース

田中圭/渡辺礼治役「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」
  • 田中圭/渡辺礼治役「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」
  • 田中圭/渡辺礼治役「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」
  • 佐藤大/原案・脚本「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」
映画・ドラマ・舞台と幅広い活躍を見せる実力派俳優、田中圭が連続ドラマ単独初主演となる『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』が、10月4日(金)よりテレビ東京、テレビ大阪ほか毎週金曜深夜0時52分よりオンエアされることが決定。制作陣には、“ゲーセン”とともに青春を過ごしたアニメ、特撮、映画などのクリエーターが参加する。

ドラマタイトルの「ノーコン・キッド」とは、ワンコイン(ノーコンティニュー)でゲームをクリアする人物のこと。ゲーム文化が日本人の生活に根付き始めて30年余り。80年代に思春期を過ごした世代にとって、ゲーセンは“熱”と“出会い”に満ちていた日常の場所であり、1枚のコインでビデオゲームをクリアする“ノーコン”は、いわば一目置かれる存在だった。

本作は、毎回ドラマのテーマとなる当時のエポックメイキングなゲームが登場、さらに登場人物たちが実際にゲームをプレイし、それがドラマの話にもリンクしていくという、まったく新しい試みのドラマ。出てくるゲームはすべて実物、実名で、アーケード、コンシューマーを問わず多くのゲームメーカーの協力のもと、当時を知る者には涙が出るような懐かしいゲームが数多く登場する予定だ。

2013年。渡辺礼治(45)は、かつてゲームセンターを営んでいた実家を訪れ、親友の木戸や憧れの女性、高野との出会いを思い出していた。30年前、礼治の父親が実家で始めた“ゲームセンターわたなべ”には近所の子供たちはもちろん、仕事中のサラリーマンまで集まり大盛況。同級生の木戸も毎日通い、小遣いの大半を遣ってゲームの腕を競っていた。そんな中、ゲームにはあまり興味のない礼治だったが、見たことのない美少女・高野がゲームをしている凛々しい姿を見て遅ればせながらゲームに手を伸ばす。そして、ひょんなことから、木戸とゲームで対決することになる…。

主演の礼治には、『サンゴレンジャー』『図書館戦争』など今年4本もの映画に出演している、田中圭。意外にも連続ドラマの単独主演は初めてとなる本作で、その確かな演技力とともに、15~45歳という幅広い年齢を演じる。

デビューがゲームのCMだったこともあり、「この作品に関われてとても嬉しい」という田中さんは、「進化していくゲームとともに、礼治がどう変わってどんな人生を送るのか。その時その時の流行や、友達との関係性も変化してくのが魅力的な作品だと思います。 毎週楽しみにしていてください!」と熱く抱負を語る。

原案及びシリーズ構成は、『カウボーイビバップ』、『交響詩篇エウレカセブン』、『鉄拳 BLOOD VENGEANCE』の佐藤大。 演出には、「平成仮面ライダーシリーズ」、『アキバレンジャー』など数多くの特撮作品を手掛ける鈴村展弘、『モテキ』で日本アカデミー賞優秀編集賞を受賞した石田雄介、 独自の世界観で観客を魅了する『パビリオン山椒魚』、『乱暴と待機』の冨永昌敬、『横道世之介』『南極料理人』などでその実力をいかんなく発揮している沖田修一、『イエローキッド』で鮮烈な長編映画デビューを果たした新鋭・真利子哲也が参加する。

日本が世界に誇る文化であり、クールジャパンの一角をなす“ビデオゲーム”の歴史と、ゲームと共に大人になっていく少年少女。人生のさまざまな壁にぶつかりながら、時には悩み、時には喜び成長していく姿に、自分を思わず重ね合わせてしまうかも。

『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』はテレビ東京、テレビ大阪ほかで10月4日(金)放送開始、毎週金曜深夜0時52分~。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top