『風立ちぬ』ヒロイン瀧本美織、初ヴェネチア参加も「記憶がない…」

最新ニュース

瀧本美織(菜穂子役)/『風立ちぬ』 in 第70回ヴェネチア国際映画祭 -(C) Getty Images
  • 瀧本美織(菜穂子役)/『風立ちぬ』 in 第70回ヴェネチア国際映画祭 -(C) Getty Images
  • 瀧本美織(菜穂子役)/『風立ちぬ』 in 第70回ヴェネチア国際映画祭 -(C) Getty Images
  • 『風立ちぬ』 -(C) 2013 二馬力・GNDHDDTK
  • 瀧本美織(菜穂子役)/『風立ちぬ』 in 第70回ヴェネチア国際映画祭 -(C) Getty Images
  • 瀧本美織(菜穂子役)&星野康二(社長)/『風立ちぬ』 in 第70回ヴェネチア国際映画祭
  • 『風立ちぬ』 -(C) 2013 二馬力・GNDHDDTK
  • 瀧本美織(菜穂子役)&星野康二(社長)/『風立ちぬ』 in 第70回ヴェネチア国際映画祭
  • 『風立ちぬ』 -(C) 2013 二馬力・GNDHDDTK
宮崎駿監督の“引退”発表で注目を浴びる、スタジオジブリの新作『風立ちぬ』。先だって行われた第70回ヴェネチア国際映画祭の公式会見に続き、9月1日(日)の19時頃(現地時間)よりレッドカーペット・アライバルと公式上映が行われ、本作のヒロイン・菜穂子の声を演じた瀧本美織とスタジオジブリの星野康二社長が出席。初参加となった瀧本さんは「記憶がない…」と大緊張だったようだ。

本作は、宮崎駿監督が初めて自作で「泣いてしまった」という、大人のラブストーリーを描いたもの。第二次世界大戦時に零戦の設計者だった堀越二郎をモデルに、作家・堀辰夫の小説「風立ちぬ」をリンクさせ、主人公とヒロイン・菜穂子との恋、そして恋から愛へと成熟していく夫婦の絆を描く。

「今日はカーペットに溶け込もう!」という思いで決めたという赤いドレスで現れた瀧本さんを、星野社長がエスコートするかたちで登場。英題『The Wind Rises(風立ちぬ)』とアナウンスされると、詰めかけた大勢の観客から大きな拍手が沸き起こった。

今回のヴェネチア国際映画祭で「コンペティション部門」に出品された本作。この日の公式上映の会場となった「Palazzo del Cinema(パラッツォ・デル・チネマ)」(約1,000席)では、映画の冒頭でスタジオジブリのロゴマークが出た瞬間に大歓声が上がった。

そして、本編が終わりエンディングに主題歌「ひこうき雲」が流れると、場内では約5分にも及ぶ嵐のようなスタンディングオベーション。瀧本さん自身も公式イベント直前に聞かされたという宮崎監督の引退と、ヴェネチアでの上映という想いで感極まり、大粒の涙を流しながら温かい拍手に応えていた。

上映終了後、瀧本さんは「エンドロールが始まるとお客様が立ち上がってずっと拍手をしてくれたので、感動しました。(初めての三大映画祭のレッドカーペットは)心臓がドキドキしました。しっかりと目に焼き付けようと思ったのですが、緊張してしまって記憶があんまりないです…(笑)。いままで、家族や友達と何度も『風立ちぬ』を日本で観てきたのですが、試写のとき以来です、こんなに泣いてしまったのは」とふり返る。

「(宮崎さんの引退を聞いて)、『風立ちぬ』を作ってくださったこと、携わらさせてくださったことに本当に感謝しています。監督は、声優、女優としてどうあるべきかということの前に、人として大切なことを教えてくださいました。賞が取れたときには改めて監督を始めスタッフのみなさんに大きな拍手を送りたいです」とコメント。

8月31日(土)、9月1日(日)の2日間の土日興収前週比105.5%と、公開44日目にして依然大ヒット中の『風立ちぬ』。9月7日(土)に発表される本映画祭の結果発表では、「金獅子賞」(最高賞)への期待が高まる。

『風立ちぬ』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top