鈴木おさむが太鼓判!超リアルドキュメントドラマ「ガールズトーク 薔薇組」10月スタート

最新ニュース


 女性限定の完全匿名性掲示板サービス『GIRL'S TALK』に寄せられたイマドキの女性たちの禁断の悩みを、放送作家・鈴木おさむ氏が、これまで以上にリアルなドキュメンタリードラマにアレンジしてお届けする新番組『ガールズトーク 薔薇組』が10月1日(火)からスタートすることが11日(水)、明らかとなった。

 『GIRL'S TALK』とは、株式会社サイバーエージェントが提供する、スマートフォン向け女性限定の完全匿名性掲示板サービスで、“実名では言えないヒミツ”を思う存分、吐き出すことができる男子禁制の掲示板。そんな『GIRL'S TALK』に投稿された実話をもとに人気放送作家の鈴木おさむ氏が新しいタイプのドキュメンタリードラマに仕立てた『ガールズトーク~十人のシスターたち~』(2012年10月~2013年3月)や『甘王の共感スクール』(2013年4月~9月放送)に続き、『ガールズトーク 薔薇組』も、『GIRL'S TALK』に寄せられた女たちの誰にも言えない悩みを、同じくヒットメーカーの鈴木おさむ氏の手腕でドラマ化!「上司との不倫が・・・やめられない!」「婚約した彼が元カノとお泊り旅行。破談にすべき?このまま結婚すべき?」 「カレにGPS付けて探偵並みに浮気調査して・・・」「キスフレができたけど…どこからが恋愛?」など、イマドキ女性の過激なホンネを取り上げていく。

 番組の舞台は、“男のようなカッコよさ”を持つ女性たちが出迎える、クラブ“薔薇組”。白薔薇の聖矢(せいや)、青薔薇の優希(ゆうき)、黄薔薇の斗夢(とむ)、桃薔薇の魔世(まよ)と名乗る彼女たちは身長160センチ以上、メンズのスーツを身にまとい、男言葉で接客。しかも、歌もダンスも華麗にこなし、理想の男性像を具現化したような凛々しい姿は、まるで宝塚歌劇団の男役のイメージ。そんな“カッコよすぎる女たち”が、イマドキ女性の悩みに1対1で“ガチ”で耳を傾け、解決法を伝授していく…! いったいどこまでがホントで、どこまでがフィクションなのか…!? 接客する女性と悩める女たちとのリアルなやりとりを楽しむ、これまでにない“超リアルドキュメントドラマ”だ。

 今回、『GIRL'S TALK』を原作にした3作目ということで、鈴木おさむ氏は、「“女性が男性として悩みに答えていく”…という、今までとはまったく違うドキュメントドラマ。すべてリセットして作っている感覚です! とにかく、男がほとんど出てこない!」とコメントしており、さらに今作の注目どころとしては、「悩みに対する答えとして、必ず歌って踊るシーンが入るのが、大きなポイント。毎回90年代のヒット曲を中心に、クラブ“薔薇組”のメンバーが歌い踊ります。このドラマは、“宝塚+ジュリアナ”で、“ジュリア塚”がコンセプトなんです」と笑顔で話し、「僕にとってこの番組は、これまでのドキュメンタリードラマ3作の経験値を持って臨む、総決算的な位置づけ。特に歌のシーンは深夜2時台とは思えないぐらい凝っているので、“すごく面白いものになる!”」と自ら太鼓判を押すほどだ。いったいどんな番組になるのか、10月1日(火)からの放送がとても楽しみだ。

■『ガールズトーク 薔薇組』
2013年10月1日(火)スタート!
毎週火曜25:51~25:21(テレビ朝日)

【原作】「GIRL'S TALK」(サイバーエージェント提供)
【構成・演出】鈴木おさむ

【キャスト】
 白薔薇の聖矢(せいや)
 青薔薇の優希(ゆうき)
 黄薔薇の斗夢(とむ)
 桃薔薇の魔世(まよ)



鈴木おさむ「これまでの総決算的な位置づけ!」と自らが太鼓判!超リアルドキュメントドラマ『ガールズトーク 薔薇組』が10月スタート!

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top