“一日の終わりに流す1分映像”を選ぶ視聴者参加型番組「THE LAST AWARD」放送

最新ニュース


 フジテレビが現在実施している、若い世代のデジタル向けの映像クリエイターを発掘、育成するプロジェクト「フジテレビ フカ・プロジェクト THE LAST AWARD」最終審査の模様を、9月29日(日)に『THE LAST AWARD』で生放送することが決定。公募によって集められたフジテレビの“一日の終わりに流す1分映像”を、各界の有名クリエイターとともに、視聴者も審査員として参加できるインタラクティブ審査を実施する。

 「フジテレビ フカ・プロジェクト THE LAST AWARD」の“フカ”とは「Fuji Youtube Creative Award」の略称で、数々のネット動画が世界規模でのヒットを生み出している現状を受けて、その新たな可能性を発掘し、将来の日本を代表する世界的なクリエイターを育てていくきっかけを担うべくスタート。“1日の終わり”をテレビ上でどう演出すべきかをテーマに、「フジテレビの1日の終わりに流す1分の映像」というお題で、映像作品を広く一般に募集している。

 審査員を務めるのは、大宮エリー、佐渡島庸平、朴正義、森本千絵、山崎貴といった、web業界、広告業界、映像業界など、クリエイティブな環境に身を置く有名クリエイター5名。さらに番組では、視聴者がスマートフォンやPCを使用し、リアルタイムに審査に参加することができるインタラクティブ審査を実施。放送を見ながら、一作品ごとに得点をつけたり、コメントを書いたりすることが可能で、その得点、コメントは番組と連動。ただ画面に表示されるだけでなく、視聴者得点の平均点が、第6の審査員として、評価に組み込まれる仕組みだ。

 このインタラクティブ審査では、バスキュールのM.I.E.S.(マッシブ・インタラクティブ・エンターテインメント・システム)を実験的に利用し、生放送の番組進行とスマホ画面をシンクロさせ、大量の投票を受付して集計した上で、リアルタイムに集計結果映像を生成・結合し、テレビ画面に反映する。

 映像作品はプロジェクトのオフィシャルサイト(http://fu-ca.tv)上で9月22日(日)まで募集しているので、詳細はそちらをご覧いただきたい。また、投稿された作品の一部は「THE LAST AWARD」の放送終了後、サイト上にて公開される。

■『THE LAST AWARD』
2013年9月29日(日)24:55~25:55(フジテレビ)

<審査員>※50音順
大宮エリー(作家/脚本家/映画監督/演出家/CMディレクター/CMプランナー)
佐渡島庸平(株式会社コルク 代表取締役社長)
朴 正義(株式会社バスキュール 代表取締役)
森本千絵(goen°コミュニケーションディレクター・アートディレクター)
山崎 貴(映画監督)
<MC>
DJ TARO


関連リンク

フカ プロジェクト公式サイト

“一日の終わりに流す1分映像”を選ぶ視聴者参加型番組『THE LAST AWARD』を放送

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top