ナオミ・キャンベル、ゲイ文化とファッションについて「切っても切れない関係」

最新ニュース

ナオミ・キャンベル-(C) Getty Images
  • ナオミ・キャンベル-(C) Getty Images
  • ナオミ・キャンベル
  • ナオミ・キャンベル-(C) Getty Images
ナオミ・キャンベルは、ゲイ文化とファッションは「切っても切れない」関係にあると考えているようだ。ナオミは今回、ジャンニ・ヴェルサーチやアレキサンダー・マックイーンといったゲイのデザイナー達の存在なしには、ファッション業界はその半分も活気づいたものにはならなかっただろうと語っている。

ナオミは「ゲイのコミュニティーはファッション業界に非常に大きな影響をもたらしたわ。マーク・ジェイコブスとかジャンニ・ヴェルサーチ、『ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)』のドメニコ・ドルチェとステファノ・ガバーナ、アレキサンダー・マックイーンといったデザイナーなしには、この世界はこんなにも活気のあるものにはならなかったはずよ」「ゲイのカルチャーとファッションは切っても切れない関係だと思うわ。この2つは大胆で勇敢な表現をすることによって共に栄えてきたのよ」。

そんな同性愛者へのサポートを見せるナオミやそのほかのセレブたちは今回、ロンドンのバージハウスにて開かれたアート作品展の一環として、「アディダス(adidas)」の定番であるホワイトのテニスシューズに独自のテイストを加えた作品を発表していて、全ての作品は同性愛者の権利を訴えるチャリティ、ストーンウェルへの資金援助のためオークションにかけられている。何足の靴を持っているかと尋ねられたナオミは、「何足持ってるか分からないわ。靴は大好きなの。特に遊び心がかき立てられるようなものやセクシーなヒール、それにアディダスのアヴェみたいにちょっと変わってるスニーカーなんかが好きよ」と答えた。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top