中村獅童が前代未聞、まさかの“ハエ”とガチバトル? インド映画『マッキー』

最新ニュース

主人公マッキーの敵役スディープの吹替えに決まった中村獅童/『マッキー』- (C) M/s. VARAHI CHARANA CHITRAM
  • 主人公マッキーの敵役スディープの吹替えに決まった中村獅童/『マッキー』- (C) M/s. VARAHI CHARANA CHITRAM
  • 主人公マッキーの敵役スディープの吹替えに決まった中村獅童
  • 『マッキー』- (C) M/s. VARAHI CHARANA CHITRAM
  • 『マッキー』- (C) M/s. VARAHI CHARANA CHITRAM
  • 『マッキー』- (C) M/s. VARAHI CHARANA CHITRAM
  • 『マッキー』- (C) M/s. VARAHI CHARANA CHITRAM
  • 『マッキー』- (C) M/s. VARAHI CHARANA CHITRAM
『ロボット』『きっと、うまくいく』『スタンリーのお弁当箱』など、近年、ミニシアター界を席巻中のインド映画。なかでも、前代未聞、“ハエ”が主人公の映画として話題となっている『マッキー』の吹き替え声優に、歌舞伎役者で俳優の中村獅童が決定。これまで、映画・ドラマで様々な役柄を演じてきた獅童さんも、“ハエ”と共演する役柄はさすがに(?)初めてとなる。

ある青年が、女好きのマフィアに大好きな彼女を奪われ、殺されてしまった。やがて、その青年が転生したのはなんと、“ハエ”=マッキー。愛する人を守るため、そしてマフィアに復讐するため、“ハエvs人間”の闘いが始まった…。

2012年に公開され、あまりの面白さで話題が次々に広がり、インド全土で大ヒット。さらに評判は海外にも広がり、昨年アメリカで公開されたテルグ語(インドの公用語)映画No.1の興行収入を得た本作。そんな、日本でのインド映画ブームのリーサルウェポン(最終兵器)といっても過言ではない、奇想天外なハエの復讐劇が、いよいよ日本に上陸する。

小さくて非力なハエが、悪い人間と戦うという誰も考えつかない物語が、コミカルかつダイナミックに展開する本作で、主役級の存在感を魅せるのが、獅童さんが吹き替えをする悪役・スディープ。気に入らない奴はすぐに殺してしまう残忍さと、ハエ1匹も簡単に殺せない優しさを併せ持つ、なんとも憎めない悪役だ。

獅童さんと言えば、歌舞伎界の名門出身ながら、これまで舞台、映画、ドラマなど幅広く活躍し、数々の役を変幻自在な才能で演じてきた。そうはいっても、ハエと戦う人間を演じるのは前代未聞。本作をいち早く観た獅童さんは、「インドで大人気の映画に声優として参加させていただけることを嬉しく思います。ハエと戦う役なんて生まれて初めてですが、命懸けて戦いますので覚悟していてください!」と意気込みを熱く語り、マッキーとの対決を楽しみにしていることをアピールした。

果たして、どんな戦いが繰り広げられるのか。日本を代表する俳優、中村獅童VSインド代表のハエ“マッキー”は、かつてない、奇想天外の仁義なき戦いとなりそうだ。

『マッキー』は10月26日(土)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国に公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top