“フランソワ・オゾン”特集決定! 『8人の女たち』ほか歴代名作を特別上映

最新ニュース

“フランソワ・オゾン”特集決定! 『8人の女たち』ほか歴代名作を特別上映
  • “フランソワ・オゾン”特集決定! 『8人の女たち』ほか歴代名作を特別上映
  • 『危険なプロット』-(C) 2012 Mandarin Cinéma-Mars Films-France 2 Cinéma-Foz
  • フランソワ・オゾン監督
  • 『危険なプロット』-(C) 2012 Mandarin Cinéma-Mars Films-France 2 Cinéma-Foz
  • 『危険なプロット』-(C) 2012 Mandarin Cinéma-Mars Films-France 2 Cinéma-Foz
  • 『危険なプロット』-(C) 2012 Mandarin Cinéma-Mars Films-France 2 Cinéma-Foz
  • 『危険なプロット』-(C) 2012 Mandarin Cinéma-Mars Films-France 2 Cinéma-Foz
  • 『危険なプロット』-(C) 2012 Mandarin Cinéma-Mars Films-France 2 Cinéma-Foz
いまやフランス映画界を牽引する存在となったフランソワ・オゾン監督が、国語教師と美しく聡明な生徒とのスリリングな個人授業を描いた最新作『危険なプロット』。今週末10月19日(土)に迫った劇場公開に併せ、これまでのオゾン監督の代表作が1週間限定で特集上映されることが決定した。

『危険なプロット』は、作家の夢を諦めた高校の国語教師と美貌と文才に恵まれた生徒が共謀して、クラスメートの家庭を題材に“危険な”小説を作り上げていく個人授業の行方を描いた知的サスペンス。

時に狂気に満ちた、緊張感あふれる両者の心理戦は、第37回トロント国際映画祭で「国際映画批評家連盟賞」を受賞し、第60回サン・セバスチャン国際映画祭では「最優秀作品賞」と「最優秀脚本賞」をW受賞。フランスでは120万人を動員する大ヒットを記録しており、オゾン監督の最高傑作との呼び声も高い。

今回、本作の公開を記念してヒューマントラストシネマ有楽町では「フランソワ・オゾン監督週間」と題した特集上映を実施。過去作の中から、カトリーヌ・ドヌーヴ、イザベル・ユペールなどフランスを代表する女優陣が一堂に会した『8人の女たち』('02/ベルリン国際映画祭「銀熊賞」受賞)、『スイミング・プール』('03/カンヌ国際映画祭「コンペティション部門」選出)、『焼け石に水』('00/ベルリン国際映画祭「テディ2000賞」受賞)、さらに“妊婦”をテーマにした『ムースの隠遁』('12/サン・セバスチャン映画祭「審査員賞」受賞)と、特に人気の高い4作品をレイトショーで一挙上映する。

女性のミステリアスな部分と“毒”を感じさせるオゾン監督。刺激の強いユーモアと仕掛けにあふれたストーリーテラーの手腕を、スクリーンで存分に堪能してみて。

『危険なプロット』は10月19日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamura ル・シネマほか全国にて公開。

「『危険なプロット』公開記念 フランソワ・オゾン監督週間」は、10月19日(土)~10月25日(金)より連日21:10~ヒューマントラストシネマ有楽町にて1週間限定レイトショー上映。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top