阿部寛×東野圭吾×熊川哲也Kバレエカンパニー「眠りの森~新参者スペシャル」(仮)放送決定

最新ニュース


 累計1,000万部を超える人気シリーズ、待望の新作ドラマが2014年新春に放送決定! 多くのファンに続編を求められていた東野圭吾原作の「加賀恭一郎シリーズ」が、満を持して特別ドラマ企画『眠りの森~新参者スペシャル』(仮)として放送されることがわかった。

 阿部寛が主人公の加賀恭一郎を演じ、2010年に放送した日曜劇場『新参者』は、初回視聴率21.0%、平均視聴率14.9%を記録。続く2011年1月3日『東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画「赤い指~『新参者』加賀恭一郎再び!」』でも、15.4%と好調な結果を収めたことで記憶に新しい。さらに2012年1月、東京・日本橋の翼のある麒麟像から事件が始まった映画『麒麟の翼』が公開され、大ヒットを記録。加賀ファンは瞬く間に増え続け、物語の舞台となる人形町はこれまでにない賑わいを見せたという。

 そんな「加賀恭一郎シリーズ」の中、今回ドラマ化されることが決定したのは……過去の謎が明らかになる最新作に繋がっていく『眠りの森』だ。加賀の人格を形成した過去が明らかになるヒントも秘められ、いつも冷静で硬派な加賀が、ヒロインに恋愛的な感情を抱く場面も垣間見ることができるという珍しい作品。加賀は才能あるバレリーナたちに魅せられ、惹きつけられ、自分が紐解いた哀しき真実に苦悩。大人が泣ける、大人の刑事ドラマになっている新参者スペシャルだ。

 また、『眠りの森』は、バレエ界を舞台にした作品。世界が認めるバレエダンサー・熊川哲也が芸術監督を務めるKバレエ カンパニーの全面協力の下、撮影に臨んだという本作。振付・音楽・舞台美術・衣裳など舞台に関わる全ての要素を、Kバレエ カンパニーが実際の公演で使用するものを用意し、「白鳥の湖」「眠れる森の美女」の演目が登場。そして、カンパニーの宮尾俊太郎、益子倭はダンサー役として、他のダンサーもステージのシーンでドラマに出演していることでも話題となっている。

 主演の阿部は、「バレエダンサーの方たちが向上心を強く持って、プロフェッショナルを極めるべく鍛錬する姿は、とても美しく、力強かったです。ハードルの高いバレリーナという役柄に挑む共演者の方にも感服しています。僕自身は、加賀ファンを裏切らないように、筋を通して取り組みました。加賀恭一郎として、皆さんに新年にお会い出来ることを楽しみにしています」と、ドラマの見どころについて語っている。

 その本格的な仕上がりは、加賀ファンのみならず、バレエファンの方々にも存分に楽しんでいただけるということで、阿部寛×東野圭吾×熊川哲也の強力タッグの実現に期待の声が寄せられている。

■『眠りの森~新参者スペシャル』(仮)
2014年新春放送予定
原作:東野圭吾「眠りの森」(講談社刊)
製作・著作:TBS
脚本:櫻井武晴
演出:土井裕泰
プロデューサー:伊與田英徳
バレエ監修・バレエ協力:K-BALLET COMPANY


阿部寛×東野圭吾×熊川哲也Kバレエカンパニーの強力タッグが実現!ドラマ『眠りの森~新参者スペシャル』(仮)放送決定

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top