【インタビュー】ハリソン・フォード、特殊メイクで実在の人物を熱演!『42』

最新ニュース

実在の人物を熱演したハリソン・フォード/『42~世界を変えた男~』-(C) 2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
  • 実在の人物を熱演したハリソン・フォード/『42~世界を変えた男~』-(C) 2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
  • 実在の人物を熱演したハリソン・フォード/『42~世界を変えた男~』-(C) 2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
  • 実在の人物を熱演したハリソン・フォード/『42~世界を変えた男~』-(C) 2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
  • 実在の人物を熱演したハリソン・フォード/『42~世界を変えた男~』-(C) 2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
  • 実在の人物を熱演したハリソン・フォード/『42~世界を変えた男~』-(C) 2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
  • 『42~世界を変えた男~』-(C) 2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
  • 『42~世界を変えた男~』-(C) 2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
  • 『42~世界を変えた男~』-(C) 2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
初の黒人メジャーリーガーとして、数々の差別を跳ね返し、“ヒーローになった男”・ジャッキー・ロビンソンの真実を描いた『42~世界を変えた男~』。ロビンソンを強力なリーダーシップで引っ張る、ブランチ・リッキーを演じたハリソン・フォードの貴重なインタビュー映像がシネマカフェに届いた。

彼が演じたブランチ・リッキーは、ブルックリン・ドジャース(現:ロサンゼルス・ドジャース)のジェネラル・マネージャーで、メジャーリーグで初めて黒人選手ジャッキー・ロビンソンと契約を結んだ人物だ。彼は契約を結んだだけでなく、ロビンソンと共に“やられても、やり返さない”勇敢さで人種差別と戦い、スポーツ界、そして世界を変えることとなる。

ハリソン・フォードと言えば、『スター・ウォーズ』シリーズのハン・ソロや、『インディー・ジョーンズ』シリーズのインディアナ・ジョーンズがあまりにも有名だが、『今そこにある危機』のジャック・ライアン、『ブレード・ランナー』、『逃亡者』、『エアフォース・ワン』などアクションやSFで主演の活躍が目立つ、世界で最も有名なヒーロー俳優のひとり。

ところが、彼自身は「あまり映画に興味がない」とそっけない。「本当は自分の個性を活かした性格俳優になりたかった。主演は才能があって見た目が良い奴がやるものだと思う」と映画や演技に対し消極的な発言をし、話題を呼んだこともある。また、その演技は、“どの映画でも同じ演技で、ちょっと困ったような、難しい顔をしている”などと呼ばれながらも、不思議と人気が落ちない大スターだ。

そんな消極的な印象のハリソン・フォードだが、本作に対する意気込みはかなりのものだ。インタビュー映像では、出演を決めた理由を「まずは非常にいい脚本だった。とても力強い文学になっており、脚本を読んでいて、この役がもらえるなら、素晴らしいストーリーを語る絶好の機会になると思った」と熱弁をふるった。

「ストーリーにはドラマもあり、強力な情緒もあり、役柄も今まで演じてきたものとはかなり対照的なものだった。ブライアン・ヘルゲランドの作品も何本か見ていて良いと思っていたし、とにかく脚本がよかった」と脚本にべた惚れなのだ。

しかも、監督からのオファーではなく、実は監督の知らない所で自ら脚本を手に入れ「ブランチ・リッキーを演じたい」と逆オファーをしたそう。あまりに有名すぎる彼はふさわしくないと、断ろうとした監督には、「髪の毛も薄くし、ファットスーツを着て実際よりも30ポンド重いように見せかけ、ふさふさの目眉毛も付け、声を変えてやりたい」と直訴。

結局、「“ハリソン・フォード演じるブランチ・リッキー”という方向性でやってしまうと映画にとってプラスにはならないから。観客には私の過去作品の影響を受けてほしくなかった。私と関連づけることなく、純粋のこのキャラクターを見てほしいと思った」という彼の言葉が決め手となり、この役を手に入れることになった。

ジャッキー・ロビンソン夫人(91才)は、特殊メイクをし、声と話し方を研究したハリソン・フォードと初めて会ったとき、「当時のブランチ・リッキーにそっくり」だと本当に驚いたという。

「私がキャリアをスタートさせたときに、主演俳優のチャンスがあるなんて全く思っていなかったし映画だけで食べていけるなんて考えもしなかった」というハリソン・フォードの考え方とは裏腹に、出演した『スター・ウォーズ』、『インディー・ジョーンズ』のシリーズはアメリカ国内だけでも、トータル約20億ドルの売り上げを叩きだしている。

そんな彼が、これまで「あまり映画に興味がない」と語っていたとは思えないほど、強い入れ込み方で観客達や批評家達を唸らせ、アメリカ、さらには日本でも既に、賞レースに絡むだろうと多くの声が上がる本作。彼の映画人生を変える1作になることは間違いないだろう。

『42~世界を変えた男~』は11月1日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top