人気バンド「グリーン・デイ」、活動一時休止へ

最新ニュース

「グリーン・デイ」-(C) Getty Images
  • 「グリーン・デイ」-(C) Getty Images
  • 「グリーン・デイ」-(C) Getty Images
  • 「グリーン・デイ」-(C) Getty Images
「グリーン・デイ」のフロントマンであるビリー・ジョー・アームストロングが、来るオーストラリア・ツアー終了後にバンドが休止期間に入ると発表した。ノラ・ジョーンズとのコラボレーションで「エヴァリー・ブラザース」のアルバム「ソングズ・アワ・ダディ・トート・アス」のカバーなども行っているビリーは、自分のバンドから離れてほかのプロジェクトを手がけるのは「いいこと」だと考えているそうだ。

バンドの将来について、「俺たちはオーストラリアでツアーする予定なんだ。その後はちょっと休みを取るつもりさ」「最近はあんまりバンド活動してないからね。だからほかのことをするっていうのもいいと思うんだ。それでまた『グリーン・デイ』として活動できるって感じたときこそ、俺たちの充電期間も終わりってわけさ」と話している。

シドニーを始めメルボルン、アデレードなどオーストラリア各地で開催されるサウンドウェーブ・フェスティバルにて合計5公演を行う予定の同バンドだが、ツアーは来年2月22日(現地時間)よりシドニーからスタートして、3月3日にパースのクレアモント・ショーグラウンズで締めくくられる。

そんなビリーとノラが「エヴァリー・ブラザース」の名曲の数々をカバーした話題のデュエット・アルバム「フォーエヴァリー」は現在発売中だ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top