元宝塚トップスター・音月桂がバレリーナ役で出演決定!“新参者”加賀恭一郎「眠りの森 」

最新ニュース


 阿部寛主演で、1月2日(木)21時よりTBS系にて放送される『新春ドラマスペシャル“新参者”加賀恭一郎「眠りの森」』に、元宝塚雪組トップスターの女優・音月桂がバレリーナ役で出演することが決定した。

 本作は、シリーズ累計発行部数1000万部を突破した東野圭吾の人気作「加賀恭一郎シリーズ」の一つで、発行部数100万部を超えた同名小説を原作としたドラマ。この「眠りの森」は、主人公の刑事・加賀恭一郎の過去や人格形成の背景を深くえぐり出しており、発行部数27万部を突破したシリーズ最新作「祈りの幕が下りる時」に繋がる内容のため、シリーズをより楽しむためには必須の作品といえる 。

 音月が演じるのは、高柳バレエ団所属の、日本を代表するプリマバレリーナ・高柳亜希子。幼い頃からバレエに勤しんでいる亜希子は、ダンサーとして恵まれた容姿を持つ上、カリスマ性も放っている。しかし、才能を見出されてバレエ団事務所の経営者の養女として育てられた亜希子には、バレエを続けなければならないという宿命を背負い、バレエ以外のすべてを犠牲にして生きてきたという側面もある。音月は「台本から想像する亜希子は、プリマとしての責任や孤独、葛藤など、色々なものを背負い戦っている、強い女性というイメージでした。ですが、演じていくに連れ、弱い部分や同じ女性として共感できるところが増えていき、彼女の気持ちがどんどん自分に入ってくるようになりました」とコメント。幼い頃からバレエを習っていたという音月は、抜群のリズム感と運動神経の良さで堂々たるステージを魅せるだけでなく、バレエにすべてを賭けて生きると覚悟している、毅然とした亜希子を見事に演じ切っている 。

 音月は、撮影の合間を縫って、同じくバレリーナ役を務める石原さとみらとともに、熊川哲也が芸術監督を務めるKバレエ カンパニーのプロフェッショナルなスタッフから丁寧なバレエ指導を受けた。また、振付・音楽・舞台美術・衣装など舞台に関わる全てに、Kバレエ カンパニーが実際の公演で使用しているものが使われているほか、作中には「白鳥の湖」「眠れる森の美女」の演目も登場するので、バレエファンも充分に楽しめる贅沢な仕上がりのシーンになっている 。

 ■『新春ドラマスペシャル“新参者”加賀恭一郎「眠りの森」』
2014年1月2日(木)21:00~(TBS系 )
【出演】阿部寛 石原さとみ/音月桂 木南晴夏 大谷英子 宮尾俊太郎(Kバレエ カンパニー) 益子倭(Kバレエ カンパニー) 竹財輝之助 加藤虎ノ介 内田朝陽/トリンドル玲奈 映見くらら 松尾貴史 名高達男 平岳大 堀内敬子 草村礼子/柄本明/山﨑努


元宝塚トップスター・音月桂がバレリーナ役で出演決定!『“新参者”加賀恭一郎「眠りの森 」』

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top