『ワイルド・スピード』ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカーの遺族弔問

最新ニュース

ヴィン・ディーゼル&ポール・ウォーカー-(C) Getty Images
  • ヴィン・ディーゼル&ポール・ウォーカー-(C) Getty Images
  • ポール・ウォーカー-(C) Getty Images
  • ヴィン・ディーゼル&ポール・ウォーカー-(C) Getty Images
先月30日(現地時間)、友人が運転するポルシェがロサンゼルス郊外で衝突事故を起こし、帰らぬ人となったポール・ウォーカー。

衝撃の死から1週間が経ち、彼の代表作『ワイルド・スピード』シリーズの共演者で親友でもあるヴィン・ディーゼルが、訃報を受けた直後にポールの遺族のもとに駆けつけたときの様子を明かした。

「(訃報を)聞いて、すぐにカリフォルニアに戻り、飛行機を降りてそのまままっすぐ彼のお母さんの家に向かった…。僕の強さを彼らが必要としていると考えた。でも、彼の家族の前で泣き崩れてしまった。僕の方こそ彼らの強さを必要としていたと気づいたんだ」とヴィンは綴る。

「彼のお母さんが僕にハグしながら『気の毒に(I’m sorry)』と言ってくれた。僕は『そんな。あなたが息子を亡くしたのに』と言った。すると彼女は『そうよ。でも、あなたは相棒を亡くしたのだから』と言ってくれた」

ヴィンは2日(現地時間)に事故現場を訪れ、警察車両のスピーカーを借りて、集まっていたファンに「みなさんに伝えたい。もし僕のブラザー(ポール)がここにいて、みなさんが示してくれている愛をその目で見ることができたら」「来てくれて、ありがとう。天国にいるあのエンジェル(ポール)に、あなたたちが彼をどれほど高く評価していたかを示してくれて、ありがとう」と語りかけた。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top