岡田将生&広末涼子が妖艶“ポールダンス”に挑戦! 映画『彼女との上手な別れ方』

最新ニュース

妖艶“ポールダンス”に挑戦する岡田将生&広末涼子/映画『彼女との上手な別れ方』
  • 妖艶“ポールダンス”に挑戦する岡田将生&広末涼子/映画『彼女との上手な別れ方』
  • 広末涼子/映画『彼女との上手な別れ方』
  • 岡田将生/映画『彼女との上手な別れ方』
ドラマ「リーガルハイ」や『潔く柔く』など世の女性たちを魅了し続ける俳優・岡田将生と、私生活で母となり男性たちはもちろん女性たちからも多くの共感を集める女優・広末涼子…この爽やかな2人が、新作映画でセクシーな“ポールダンス”に挑戦することが明らかとなった。

2人がメインキャストで出演するのは、全国の書店員がそれぞれに絶賛し口コミが広がり話題を呼んでいる、岡本貴也の同名小説「彼女との上手な別れ方」(小学館)の映画化作品。

本作で岡田さんは、女たらしで自己中心的な最低のダメ男・ガジロウ役を、一方の広末さんは、小学生の息子を残し無念にも“ユウレイ”となってしまったシングルマザーのポールダンサー・ユウコ役を演じる。

ストーリーは、頭の中は“金と女”だけで、日々をいかに楽に過ごすかという事しか考えていない主人公・ガジロウが、ある日、交通事故がきっかけで、3人のポールダンサーと老運転手のユウレイと出会い、4人が遺した多額のお金と引き換えに、4人が成仏できるよう彼女たちの“最後の願い”を叶える約束をするというもの。

この荒唐無稽な本作に抜擢された2人からは、こんなコメントが…。

「まさか自分がポールダンスをやるとは思っていませんでした。今絶賛、先生方にワンツーマンで教えて頂いています。基礎中の基礎からのスタートですが、全身筋肉痛になりながらもこの映画に必要不可欠なポールダンスを全うすべく頑張っています」(岡田さん)

「テージでは華やかさを、日常では愛しさと切なさを表現できるといいです。素敵な脚本を演じきることができるよう、いまは初めての経験に痣と筋肉痛の日々です」(広末さん)

何やら壮絶な訓練が行われている様子だが、岡田さんからは「ちなみに、ウェディングドレスにも挑戦しています(笑)」と、さらに気になるコメントも届いているが、“ちなみに”男子高校生に熱い告白をするシーンもあるそうだが、果たしてどんな作品となるのだろうか?

映画『彼女との上手な別れ方』は12月12日(木)よりクランクイン、1月中旬にクランクアップし、2014年初秋に全国にて公開を予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top